岡崎京子の同名漫画を二階堂ふみ&吉沢亮の共演で実写映画化する『リバーズ・エッジ』の公開日が2018年2月16日に決定し、併せて予告編が公開。吉沢演じるいじめられっ子の高校生が発見する死体を巡る、残酷な青春模様の一端が明らかになった。

 先ごろ、岡崎と親交のある小沢健二が主題歌を書き下ろすことが発表された本作。予告編では、「河原に放置された死体」という秘密を共有するイマドキの女子高生ハルナ(二階堂)、同性愛者であることを周囲に隠す同級生の山田(吉沢)、摂食障害のあるモデルこずえ(SUMIRE)らの日常が切り取られている。

山田を執拗にいじめる観音崎(上杉)(C) 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

 ハルナの恋人・観音崎(上杉柊平)に殴られる山田、冷蔵庫の前で大量に飲み食いするこずえ、自分に過激な愛情を持つカンナ(森川葵)を「自分のことばっかしゃべって楽しい?」となじる山田、ひそかに観音崎と関係を持つハルナの親友ルミ(土居志央梨)、カンナにキスするこずえ……。彼らがそれぞれ深刻な事情や秘密を抱えていることが浮き彫りに。「山田君は死んでいないと人を好きになれない?」というショッキングなハルナのセリフからも、若者たちの一筋縄じゃいかない心の闇が垣間見える。(編集部・石井百合子)

恐ろしい秘密を共有するハルナ(二階堂)と山田(吉沢) - (C) 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社