日本テレビ系ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(毎週水曜よる10時~)が、6日に迎える最終回で、夫婦役の綾瀬はるかと西島秀俊が激しいアクションシーンに挑んでいることが明らかになった。

 綾瀬が演じるヒロイン・菜美のキュートな魅力と本格的なアクションシーン、そして普通の愛妻家かと思いきや実は裏で暗躍していた西島ふんする勇輝のギャップなどでも話題の本作。互いに秘密を隠してきた菜美と勇輝が本音をぶつけ合い、激突するシーンは、夫婦として暮らす伊佐山家のリビングを舞台に展開。シリーズ屈指の難易度のアクションだったそうで、二分間ほど続く見応えのある仕上がりとなっている。

 最終回にして待望の綾瀬対西島のアクションシーンだが、自身も楽しみにしていたという西島は「息が合わないとダメなアクション。『夫婦が互いを信頼し合って戦っている感じにしてほしい』とアクションチームから言われていた」と語り、撮影の合間に綾瀬と入念な稽古をかさねたとのこと。

 シリーズを通して、アクションを演出してきたアクション監督の栗田政明も「お二人にしかできないアクション。ただ戦うのではなく、その中で夫婦としてお互いへの感情を表現してもらった。技を受けた時の肘の角度など、繊細な部分にまでこだわってアクションして下さったので、リズミカルで綺麗なシーンが撮影できた」と太鼓判を押している。

 また西島は「これまでもアクションはやってきたんですけど、今回のアクションは面白い。シリアスなんですけど、笑えるパートもいっぱいあって、今までやったことのないアクションです」とも笑顔で語っていた。(編集部・井本早紀)

ついにこの夫婦が戦う時が来た!! - (C)NTV