異星人は過去何千年にわたり地球を訪問しており、冷戦時代には混乱の原因となっていた――カナダの元国防相であった人物の証言が話題となっている。英「Express」他が報じた。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/12/post_15233.html

■冷戦時のUFO事件を元国防相が暴露

 今回エイリアンが何千年も前から地球を訪れていると語ったのは、冷戦時代の1960年代にカナダの元国防相を務めていたポール・ヘリヤー氏だ。ヘリヤー氏は1995年からエイリアンとUFOの実在、そして政府当局との共謀関係について暴露しており、UFOコミュニティでは著名な人物である。無論、以前トカナでもご紹介したことがある。

 ヘリヤー氏によれば、この数十年間、地球には少なくとも4種類のエイリアンが訪れているという。また、冷戦真っただ中の1961年に50ものUFOが編隊を組み、ロシアからヨーロッパにかけて横断するという事件があったことも暴露した。当時の軍最高司令部はこの異常事態に慌てふためき、非常ボタンを押す寸前であったという。

■地球には4種類のエイリアンがいる

 エイリアンたちは地球から遠く離れた別の星系、プレアデスやアンドロメダ星雲から来ているという。また、土星の月の一つに居住する者たちもいるそうだ。エイリアンの多くは善良で慈悲深いが、そうでないものたちもいるとヘリヤー氏は語る。

 異星人たちは同盟を組んでおり、そのルールに従って行動しているという。同盟のルールの一つに地球への不干渉があり、エイリアンたちは地球側から依頼されない限り、その事情に深入りすることはないという。

 だがその一方で、彼らは地球文明の方向性について警告を与えようともしている。ヘリヤー氏によると、数十年前に人類と接触した異星人たちは地球人類の行く末を心配し、手助けを申し出た。だが、人類の一部はそんな彼らを脅威とみなして警戒、敵視し、あまつさえ攻撃を加えたそうだ。嘆かわしいことである。

 さらにヘリヤー氏は、アメリカが極秘に行っている軍事研究、いわゆる「ブラックプロジェクト」を告発している。ヘリヤー氏によればこのプロジェクトにこれまで何兆ドルもの資金がつぎ込まれ、異星人の存在が隠蔽されてきたと批判している。

 カナダの大物政治家が語るエイリアンとUFO、そして大国の陰謀――いったい真相はどこにあるのか? ヘリヤー氏も熱心に参加し、推し進める暴露プロジェクトの今後に注目していきたい。
(吉井いつき)

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

※イメージ画像は、「Thinkstock」より