クイーンの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」の撮影が一時中止となった。監督を務めているブライアン・シンガーの健康状態の問題により、同作の製作を中止せざるを得なくなった模様だ。

製作会社の20世紀フォックスが英放送局BBCに発表した声明では「20世紀フォックスは『ボヘミアン・ラプソディ』の製作を一時的に中止しました。理由はブライアン・シンガーとその家族に関わる個人的な健康状態が問題となったため、予期していなかったことですがブライアンの続行が不可能となったためです。ブライアンは休暇の後すぐにでも撮影に戻りたいと願っています」と説明している。

しかし、ある関係者はハリウッド・リポーターに、シンガーは感謝祭の休暇が終わっても現在イギリスで行われている撮影には戻って来ておらず、そのためプロデューサー陣は新たな監督を後任に迎えることを考えていると明かしていた。

撮影には遅れが出ているものの、来年12月の公開日には変更はないと見られている。

同作はバンドの1985年のライブ・エイド・チャリティ・コンサート出演までの歴史にスポットを当てる内容で、ラミ・マレックがフロントマンのフレディ・マーキュリーを、ベン・ハーディがドラマーのロジャー・テイラーを、ジョー・マゼロはベーシストのジョン・ディーコンを、そしてグウィリム・リーはリードギタリストのブライアン・メイを演じる。

さらに、ルーシー・ボルトンがフレディに生涯連れ添ったメアリー・オースティンを演じる予定だ。