貴乃花親方が「おじさん」から叩かれている。

【その他の画像】

 連日のようにマスコミが取り上げる貴ノ岩暴行事件で、ウン十年もこの世界を見てきたと胸を張るベテランの相撲ジャーナリストや、著名な評論家、学者などのコメンテーター、果ては大御所芸能人というそれぞれの世界で社会的地位を築いた方たちがこぞって貴乃花親方批判を展開しているのだ。

 その主張をザックリとまとめると、こんな調子である。

 「理事のくせに協会に協力しないのは組織人失格」

 「改革したいからって、飲み屋のケンカを大騒ぎしすぎだ」

 「正義感からかもしれないが、なにもしゃべらないのは頑固すぎる」

 なかには、「ファッションがヤクザみたい」「理事会でふんぞりかえって態度が悪い」など本筋ではないバッシングや、過去の「洗脳騒動」を引き合いに、「カルト」なんて誹謗(ひぼう)中傷をしている御仁もいる。

 騒動が勃発してから次から次へとわいて出るこの手の「おじさん」たちの主張を見て、何かに似ているなとずっと考えていたのだが、先日ようやくそれがなにか思い出した。

 「内部告発者」に対して行われるバッシングだ。

 こういう仕事をしている関係で、企業や役所という組織の不正をタレ込む人とちょいちょいお会いするのだが、そういう方は往々にして貴乃花親方のようなバッシングに遭っている。

 警察やマスコミにタレコミを入れる前に、なぜ組織内で声をあげなかったのだと「裏切り者」扱いをされて孤立。ポストから外されたり、悪評を流されたりと露骨な嫌がらせを受ける人も少なくない。

 例えば、有名なのは、1974年に大手運送会社がトラック運賃で闇カルテルを結んでいることを、新聞社や公正取引委員会に告発したトナミ運輸という会社の社員である。

 この方の告発によって、運送業界は闇カルテルなどの改革に乗り出したが、その功労者ともいうべきこの社員に対して、組織はあまりにも厳しかった。告発後、教育研修所に飛ばされ、なんと30年近く昇給なしと露骨に干されていたのだ。後に和解をしたが、会社を相手取って損害賠償請求を起こした際、こんな辛い日々を振り返っている。

 『朝八時過ぎに出社してから夕方まで、することは何もないんです。かつては三畳ひと間のスペースにぽつんと一人。誰ともしゃべらない日も少なくありませんでした』(日本経済新聞 2002年10月13日)

苦しい話を正論のように語る「病」

 2002年、外国産牛肉を国産に偽っていた雪印食品相手に不正をやめるように忠告したが、受け入れられず告発に踏み切った平岡冷蔵の社長さんも当初はマスコミから「ヒーロー」扱いされたものの、やがてその持ち上げがチャラになるような厳しい状況に追い込まれた。

 『告発後に直面した問題は、大手がうちとの取引からどんどん撤退していったこと。いつの間にかケンカの相手が業界全体になっていったわけですわ。マスコミは背中を押すけど、戦いのリングに上がるのは僕だけ』(週刊ポスト 2017年8月4日)

 それは公益通報者保護法とか整備されていない時代だからとか言う人もいるが、この制度は問題だらけで、国が調査したところ、半数近くの通報者が解雇や嫌がらせなどを受けていることが分かっている。筆者が数年前、取材で世話になった某一部上場企業の内部告発者も、経営者の不正を大手メディアに告発した報復で、会社から訴えられた。

 つまり、今も昔も組織内の不正を、捜査機関などにタレコミをした人は、「組織人」を標榜するおじさんたちから「融通がきかない頑固者」「自分だけ正義ヅラか」などと罵られ、ムラ社会のなかでフルボッコにされるのが、ジャパニーズスタンダードなのである。

 こういう価値観のなかで生き、それぞれのムラ社会でそれなりのポジションにつくことができたおじさんからすると、貴乃花親方のような内部告発者は腹がたってしょうがない。

 自分だっていろいろ理不尽なことや納得できないことはあった。でも、それにじっと歯をくいしばって堪えるのが「組織人」だろ、という思いがあるからだ。オレたちのような我慢と妥協を、なぜこいつはしないのだろう、という苛立ちがあるのだ。

 なんてことを言うと、「いや、貴乃花親方の場合、理事のくせに組織内で問題解決を訴えずに、いきなり警察やマスコミへ駆け込むのは筋が違う」とか言い出す方がいるが、そういう苦しい話を正論のように語るあたりが、この「病」の根が深いところだ。

組織人が事件を解決するのは難しい

 今回のような事件は、相撲協会やその意向を「忖度」してしまう組織人では決して解決できない。

 なぜかというと、暴行を働いた日馬富士を含め、流血するまで傍観していた白鵬など横綱が3人も関わっている事件だからだ。

 組織内で「力」をもつ人間が関わる不正というものは、弱い立場からの主張は握り潰されるのは世の常だ。それは組織の体質が古いとか新しいとかは一切関係ない。

 分かりやすいのが、Uberのセクハラ事件だ。ご存じの方も多いだろうが、このシリコンバレー発の最先端企業で働く女性が、上司からセクハラを受けていると人事部に告発したものの、「自分は何が違法で何が違法でないか熟知している。キミのことを切ろうと思えばいつでも簡単に切れる」と逆に脅され、クビに追い込まれたのである。

 理由はシンプルで、このセクハラ上司は社内で「ハイパフォーマー」と呼ばれるエリート社員だったのだ。会社に貢献する稼ぎ頭ということで、社内ではやりたい放題で、誰もとがめられなかったというのだ。

 もし仮にUberの第三者委員会みたいなものがたちあがって、調査を始めたとしても、できあがる報告書は相撲協会危機管理委員会のように「加害者擁護色」の強い内容になったことだろう。ハイパフォーマーに辞められでもしたら、組織の大きな損失だからだ。

 ここまで言えば、なにを言わんとしているかお分かりだろう。現在、幕内の20%を占めるモンゴル人力士たちの頂点に君臨する、白鵬、日馬富士、鶴竜という3人のハイパフォーマーががっつりと関わっている「事件」である。

 Uberがセクハラ被害者の声を黙殺したように、相撲協会が平幕力士、貴ノ岩の主張をネグってしまうと考えるほうがよほど「筋」が通っている。

 実際、12月3日に発売された『週刊ポスト』には、貴乃花親方が警察よりも先に相撲協会に報告をしていたという証言が掲載されている。親方自身がなにも語らないなかで、事実かどうかはまだ確かめようがないが、Uberのセクハラ被害女性と同じように、相撲協会に対して失望し、その自浄能力に対して不信感を抱いたのであれば、警察へ被害届を出して後は黙して語らずという対応は、至極まっとうな状況判断なのだ。

最大の原因は、日本の伝統的なハラスメント文化

 しかも、相撲協会という組織は特に「暴行」に甘い。新弟子が兄弟子たちのリンチで殺された2007年の事件以降も「殴られるようなことをする者が悪い」というカルチャーがいまだに現場にまん延しているのだ。

 それを象徴するのが、2011年10月に発覚した、春日野親方の暴行だ。リンチ殺人からまだ3年ほどしか経過していないにもかかわらず、親方が3人の弟子をゴルフクラブが折れるほど殴ったのである。

 しかし、これを警察も事件性なしと判断をした。なぜかというと被害者側が、「自分たちが悪い。訴える気はありません」と述べたからだ。

 『3人は何度も相撲協会の規則である着物や浴衣ではない服装で外出したり、門限を破ったため、春日野親方が激怒』(スポーツニッポン 2011年10月19日)

 つまり、日馬富士が会見で述べたような、礼節を教えるための「指導」だったのでセーフというわけだ。実際、春日野親方は相撲協会から厳重注意を受けただけで、2016年には理事に当選。今回の巡業では、貴乃花親方に代わって、巡業部長を務めている。

 日馬富士と伊勢ケ濱親方の引退会見が、「悪いことをしたという感じが伝わってこなかった」と批判を浴びたが、ああなってしまうのもしょうがない。ゴルフクラブという殺人の凶器になりえるようなもので殴った人がおとがめなしで理事になれたのに、カラオケのリモコンで「しつけ」をしただけで、ここまで大事になって引退に追い込まれなくてはいけないのだという「不公平感」があるのだ。

 ただ、一般社会では、どういう理由があれ、上司が部下を酒の席で、説教の末にボコボコにしたら人生の破滅だ。それは、格闘技の世界でも同じだ。

 にもかかわらず、テレビなどのメディアには「相撲のような荒っぽい世界で、態度の悪い若者を力でねじ伏せる“指導”があるのはしょうがない」なんてことを言い出す「おじさん」がまだちょいちょいいる。

 この最大の原因は、日本の伝統的なハラスメント文化だ。

戦いはどちらに軍配があがるのか

 電通のパワハラ問題に関する記事のときに詳しく考察したが、「最近の若いやつは根性が足りん」とか説教するおじさんたちというのは、パワハラ的な厳しい指導や、心身ともに追い込まれるような長時間労働を経験してはじめて、人は成長できるという思い込みがある。。なぜかというと、自分がそのような経験をしてきたからだ。

 このようにパワハラが世代から世代に引き継がれていく連鎖の構造をたどっていくと、旧日本軍に突きあたる。実は意外かもしれないが、旧日本軍は規律を重んじ、私的制裁は禁じというおふれが何度も出ていた。しかし、その裏で「新兵いじめ」のような陰湿な暴力が横行していた。

 なぜ撲滅できなかったのかというと、強者が弱者を力でねじ伏せるという構造が、上の命令は絶対服従という軍隊型の組織のガバナンスに、非常にうまくフィットしたからだ。

 電通、ユニクロ、ヤマト運輸という厳しい生存競争を勝ち抜く大企業や、ピラミッド社会をのしあがる力士の世界でパワハラがまん延してしまうのも同じ理由である。こういう「パワハラ社会」のなかでうまくたちまわり、成功を手にしたおじさん世代の人たちは、日馬富士に自分の姿を投影し、同情して応援をする。そしてこの社会の秩序を乱す貴乃花親方に牙をむくのだ。

 鳥取県警からは「貴ノ岩が頭から出血するまで周囲が止めなかった」(NNNニュース 12月4日)なんて情報も漏れてきている。いずれ明らかになるが、貴ノ岩に対する私的制裁である可能性が極めて高い。

 しかし、鉄拳制裁で生意気な若造をねじ伏せるのはこの社会には必要だと信じるおじさんたちも黙ってやられるわけにはいかないだろう。全力で、貴乃花親方を潰しにかかるはずだ。

 旧日本軍の陰湿な新兵いじめや私的制裁の実態が明らかになったのは、戦争が終わってしばらくしてからのことである。

 そう考えると、今回の「リンチ」の真相が明らかになるのは、まだまだ先のことではないだろうか。

(窪田順生)

事件の騒動はまだ続いている