米パラマウント・プレイヤーズが、ナンシー・マイヤーズ監督、メル・ギブソン&ヘレン・ハント主演のロマンティックコメディ「ハート・オブ・ウーマン」を、女優タラジ・P・ヘンソン(「Empire 成功の代償」「ドリーム」)主演でリメイクすることがわかった。

米Deadlineによれば、オリジナル版の原題は「What Women Want」だが、新作のタイトルは「What Men Want」で、主人公の女性の視点から描くようだ。

2000年に公開された「ハート・オブ・ウーマン」は、広告代理店で働く自信家のバツイチ男(ギブソン)が、ある事故をきっかけに女性たちの心の声が聞こえるようになり、同僚のキャリアウーマン(ハント)に惹かれていくという物語。新作は、男性の同僚たちにチャンスを奪われてきたスポーツエージェントの女性(ヘンソン)が、男性たちの心の声が聞こえるようになり、NBAの新人スター選手をめぐる競争でついに主導権を握る、というストーリーのようだ。

パラマウント・プレイヤーズは急ピッチで製作を進める予定で、「What Men Want(原題)」は2019年1月11日全米公開が決定している。

多数の新作を抱えるヘンソンは、女殺し屋を演じる主演スリラー「Proud Mary(原題)」が18年1月12日から全米公開。

リメイク版は男性の心の声が聞こえるようになった女性が主人公