“日本の美”を世界に発信していくことをコンセプトに、音楽・ファッション・テクノロジーを融合した音楽フェスティバル「FANTASIA」。11月18日に千葉・幕張メッセにて開催された「EPISODE 1 PRINCESS KAGUYA」では、「竹取物語」の世界観をテーマにイベントが展開された。

【写真を見る】あでやかな十二単を身をまとった“かぐや姫役”、May'nが登場

日本最古の物語「竹取物語」を現代風にアレンジしたショーに、EDM界で人気を誇るDJがタッグを組んだ本イベント。「竹取物語」のストーリーを挟むように、世界でも注目を浴びるBASEMENT JAXXら7組のDJがそれぞれこだわり抜いたプレーを披露した。

オープニングからファイナルまで全6幕で構成され、全編にわたり、「竹取物語」をモチーフにステージは進行。各幕とも、競技用自転車・BMX、フリースタイルフットボール、西洋竹馬・スティルト、男子新体操、ダンサーなどのパフォーマーらが伝統的な日本の衣装を身にまとい、舞台を盛り上げる。

“かぐや姫”役を務めたのは、アジアの歌姫・May'n。ポップスからダンス、R&B、ロックまで幅広いジャンルを歌いこなすMay'nは、5度の単独海外ツアーを行うなど、アジアを中心に、世界中で広く支持されている。

■ 影絵を使い、かぐや姫の成長を表現!

トップバッターを務めたALISA UENOのDJパフォーマンスが終了すると、たちまちバイオリンを持った女性が登場。みこをイメージした衣装で華麗なる演奏を披露した。

バイオリンの音色が鳴りやむや否や、左右からは踊り子が進み出る。ロックダンスにジャズダンスを取り入れたムーブで、観客を魅了した。傘や扇子など、日本古来の小道具を取り入れ、“日本の美”を醸し出す。

途中、影絵を使ったダンスパフォーマンスを展開する場面も。ダンサーは宙吊りになりながら足を布に絡ませ、重力に逆らうような幻想的な光景を作り出した。

観客が拍手を送る中、おじいさんが登場。竹が映し出された幕に向かって歩いてゆく。赤ちゃんを抱き上げたまま、幕の中へと姿を消すと、かぐや姫がすくすくと成長していく様子が影絵となり、画面に映し出された。

あでやかな十二単を身にまとったMay'nが登場したところで、第1幕を締めくくった。

■ 個性的な貴族が続々と登場!

第2幕から3幕では、次々と貴族が登場する。おじいさんに勧められるも、かぐや姫は見向きもしない中、フリースタイルフットボールのパフォーマンスが始まる。リフティングやドリブルなど、昔の蹴鞠(けまり)を想起させる。

左右では、パフォーマーがブレイクダンスを披露。身軽なステップの足技で、観客を魅了する。

間髪入れずに、今度は別の貴族がスティルトに乗りながら登場。竹馬にジャンプ力を加えた新しい西洋竹馬は、登場すると同時に観客を沸かせた。ステージを刺すかのように無数のライトが照らされ、竹林を表現。その中で、スティルトを用いたパフォーマーがバク宙やジャンピングテクニックを披露する。

それでも相変わらず、かぐや姫は一向に貴族に目を向けない。振り向かないまま、次の貴族へと移り変わっていく。

今度は、新体操をイメージさせるかのような新たなパフォーマーが登場。側転やバク宙で会場をにぎわす中、左右ではチアリーディングで行う、人を持ち上げて飛ばす組体操を披露する。息ぴったりのパフォーマンスに観客が圧倒されるも、やはりかぐや姫はなびかない。

おじいさんが申し訳なさそうに頭を下げる中、第3幕が終了する。他にも、競技用自転車・BMXに乗った貴族や、ホイールを使った貴族が登場し、場をにぎわせた。

■ 帝の登場でかぐや姫はとりこに?

再びパフォーマーが競技用自転車・BMXを使ったショーや、ブレイクダンスでフリーズを披露し、第4幕が開幕する。続いて、ホイールを使い、体ごと回る柔軟なプレーをパフォーマンスすると、拍手が巻き起こる。

気付けば、辺りは小さい子どもから大人まで幅広い世代の観客でにぎわっていた。中には父親に肩車をし、元気よく踊り子に手を振る子どもの姿が。また、母親と仲良く手をつなぎ、母親が子どもに物語を説明している親子も。若者に交じりながら、そんな温かい家族の光景も見られた。

そこへ、幕には牛に何者かが引かれていくシルエットが映し出される。ダンサーを引き連れ、帝が登場すると、会場も大盛り上がりに。火の演出効果も取り入れ、一層観客の熱気はヒートアップ。

かぐや姫は初めて引かれそうになる男性を見つけるも、本心に逆らうかのように離れる。

■ 引かれ合う帝とかぐや姫の心を表現!

バイオリンの音色が響き渡ると、今度はかぐや姫が白い衣装に着替えて登場する。帝が舞を披露する中、かぐや姫はまたもやその場を離れる。ステージには煙で雲のような演出が施され、どこかへ行こうとするかぐや姫を帝は食い止めようと、今度は誘惑するかのように穏やかな舞を魅せる。

情熱的にかぐや姫を止めようとする帝を振り払うも、帝は諦めない。次の瞬間、強引にでもかぐや姫を捉え、2人で共演したダンスで会場を虜にした。

周りのダンサーも男女交互でタッグを組み、一対になってダンスを披露する。チアリーディングのような組体操で、女性が次々と高く飛び跳ねるアクロバティックなパフォーマンスを披露し、観客はその高さとパワフルな演技に圧倒された様子で魅入っていた。

一度は帝と共演したものの、それでも帝を断り続けるかぐや姫。「月に帰らなきゃ」と言葉で発する代わりに、May'nは行動だけでかぐや姫の気持ちを見事に演じ上げる。

■ かぐや姫の演技もいよいよクライマックスに!

第6幕では、雰囲気が一変。かぐや姫を守るため、兵士が登場する。火の演出とともに、迷彩柄の服装でダンサーは旗を振りながらパフォーマンスを展開。

そこへ、月の使者をちらつかせる、宇宙服のような衣装を着たダンサーが登場。一気にホールを異次元の空間へと包み込むと、軍隊は突然倒れ込む。

次の瞬間、ミラーボールに光が当たり、無数の光を放つ。男女ふたりのダンサーが空を舞い始め、その流れるようなムーブは、見るものの目を飽きさせない。

かぐや姫が進み出でると、May'nはこの舞台のために書き下ろされた楽曲「Full Moon」を熱唱。歌い終わると、May'nに温かい拍手がささげられた。

間を置かずに、次々と女性のダンサーが宙吊りになり、舞を披露。天女のイメージをほうふつとさせる。一通りの演技が終わると、衣が空から降り、天女がかぐや姫に着衣させる。

幕には、たちまち月の絵が映し出され、かぐや姫は月へと飛び立ってゆく。May'nは圧巻のパフォーマンスで幕を閉じた。

■ May'nがイベントの感想を語る!

今回のイベントは、May'nにとって新しい挑戦となったという。May'nは、「私自身演じるという事が初めてでしたし、竹取物語という日本の伝統的な作品に参加でき、とても光栄でした。

作品の中ではアクロバットなダンスシーンもあり私にとっても大きなチャレンジをさせて頂きました。1日限りではもったいないくらい豪華なステージで楽しかったです。」と熱く語っていた。(ザテレビジョン)

影絵を使ったパフォーマンスを展開