日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、4日に放送された同局系バラエティ番組『しゃべくり007』2時間スペシャル(21:00~22:54)に出演。10月より昼の『ヒルナンデス!』から朝の『スッキリ』に担当が変わったことでの生活の変化を語った。

水卜麻美アナ

水卜アナは「起きる時間が早くなった。8時、9時くらいだったのが4時半に」と明かし、「怖かったです。寝坊するんじゃないかって、夜中何度も目が覚めて」と告白。携帯でいくつか目覚ましをかけているほか、はじめのうちは『ZIP!』の桝太一アナウンサーが毎朝連絡してくれたという。

「『ZIP!』と『スッキリ』でクロストークがあったのもあって、『4時半くらいに今日何話すっていう連絡をするから、それに返信がなかったら『スッキリ』のスタッフに連絡してあげる』って。慣れるまで2週間くらい」と説明し、「それのおかげで、リズムができると大丈夫だったので、感謝です桝さんに」と話した。

また、「夜怖くて飲みに行けない」と打ち明け、「『ヒルナンデス!』のときは平日飲んでもまったく問題なかったんですけど、お酒飲むと起きられないんじゃないかっていう恐怖で、初めの1週間くらいは一滴も飲まなくて、そこから少しずつ何杯までなら次の日起きられるか…ビール5杯まできました」と警戒しながら飲んでいるそう。「10時くらいには寝ておきたいのでガラッと生活は変わりました」と語った。

そして、今は羽目を外せるのは「金、土だけ」と言い、「パァーっていく?」と聞かれると、「パァーっとどころじゃないくらい」と笑いながらコメント。小さな幸せとして「ハナキン」を挙げ、「金曜日のありがたみを心から感じている。金曜全部飲みに行ってます。次の日を気にしないことの幸せをあらためて実感していて」と話した。

画像提供:マイナビニュース