女優・篠原涼子が主演する11日放送のフジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(毎週月曜 後9:00)第8話の予告カットが到着した。前回、市長となった佐藤智子(篠原涼子)が市議会のドン・犬崎和久(古田新太)に対してクーデターを行い、成功をおさめたかのように思えた。しかし犬崎がここで諦めるわけもなく、市役所職員の仕事放棄やさらには智子の夫・公平(田中圭)とママ友で新聞記者・和美(石田ゆり子)の不倫疑惑も報じられる。

【場面カット】市政のプリンスを演じる高橋一生

 同ドラマはお金欲しさに市議会に立候補したママさん新人議員の智子が市政を舞台に奮闘する痛快エンターテインメント。智子は和美協力のもと、自ら秘書選定などを進めるが、犬崎の壁は厚かった。窓口業務以外の職員が仕事をボイコットし、犬崎派の前田康(大澄賢也)は、智子が精神的に不安定だという風評を記者に流して人気失墜を企てる。

 そんな犬崎に、藤堂誠(高橋一生)が智子から副市長就任の打診があったと明かす。誠は自分が副市長になれば今の市政の混乱を解決できると犬崎に突きつける。事務所を出た誠を小出未亜(前田敦子)が追いかけてきた。未亜は誠に副市長になるのかと聞く。だが、誠はそのつもりはないと言う。さらに、市長の味方なのか?との未亜の質問に、誠は民衆の味方だと答えた。誠の真意はいかに…。
フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』に出演する田中圭と篠原涼子 (C)フジテレビ