Microsoftは2017年12月4日(現地時間)、WSL(Windows Subsystem for Linux)において、バックグラウンドタスクをサポートすることを公式ブログで明らかにした。

Windows 10 Insider Preview ビルド17046以降で同機能を実装し、2018年3月リリース予定の次期機能更新プログラムで広く利用可能になる。同社は「sshd、httpd、screenもしくはtmuxを起動した場合、コンソールウィンドウを開き続ける必要があったものの、ビルド17046以降は最後のコンソールウィンドウを閉じても、プロセスはバックグラウンドで実行し続ける」と説明した。

LinuxはSysVinit系とsystemd形によるタスクの自動起動をサポートしているが、現時点でWSLはこれらのスタートアップタスクには未対応。Microsoftは「タスクスケジューラ」などを利用して、スタートアップスクリプトを呼び出すことで、Linuxディストリビューションと似た環境の構築が可能になると説明する。また同社は各initの構造を調査中と述べていることから、今後cronなどもサポートされる可能性は少なくない。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

画像提供:マイナビニュース