5日にロサンゼルスで面談、名将ボウチー「この男はスペシャル」

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指す大谷翔平投手が、4日(日本時間5日)に滞在先のロサンゼルスでメジャー球団との面談をスタートさせた。メジャー7球団が大谷サイドから面談に招待されたと報じられるなか、ジャイアンツが大谷との交渉第1号となった。地元テレビ局「NBCスポーツ・ベイエリア」が報じている。

 ついに二刀流のスーパースターがメジャー球団との直接交渉をスタート。その第1弾は西海岸の強豪となった。

「ジャイアンツは月曜日午後、大型の派遣団をロサンゼルスに派遣。彼らは日本のスーパースターと直接会談をすることが真っ先に知らされたチームだ」

 記事では、交渉開始日にジャイアンツが大谷との直接交渉を行うことをレポート。ラリー・ベールCEO、ブライアン・サビーン強化部門副社長、ボビー・エバンスGMらフロント陣総出となる一方で、名将ブルース・ボウチー監督にも出席。また、交渉後に報じた米誌「スポーツ・イラストレイテッド」は、ジャイアンツが会談を持った初めての球団だったとした上で、メジャー最高の捕手と評価されるバスター・ポージーも説得交渉に電話で“参戦”したと伝えている。

来季の起用法にも言及「休養日を入れた方が少し楽になるかもしれない」

 NBCスポーツでは、ジャイアンツを指揮して11年間で3度もワールドシリーズを制覇している名将ボウチー監督は、1日に二刀流のスターの起用法の一端を明かしていたと、記事では伝えている。

「この男はスペシャルだ。彼は先発投手にもなれるし、年間300から400打席を見込める可能性がある。来年は休養日を入れた方が少し楽になるかもしれない。スケジュールを見ながら、どこで多くの試合に出るのか。彼には追加で休みを手にすることになるだろう。これで少し負担が軽減するはずだ」

 中4日がメジャーの先発ローテーションの基本だが、ボウチー監督は大谷を先発ローテのトップとして、そして、パートタイムの外野手で起用する構えだという。そして、二刀流実現を後押しするために、特別なオフを組み込む方針を明らかにしている。

 交渉の先陣を切った西の名門は名将ボウチーとポージーの説得で大谷を寄り切ることができるだろうか。(Full-Count編集部)

去就が注目される日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】