【大きい画像を見る】【特集】徹底解説!『レインボーシックス シージ』「White Noise」戦場へ行く前に新要素を頭に入れろ

ユービーアイソフトから発売中の非対称型タクティカルシューター『レインボーシックス シージ』。本作は、Year2 season4「White Noise」を迎えいよいよ終盤ですが、新たなマップ・オペレーターが追加され、まだまだ盛り上がりを見せています。

また、『レインボーシックス シージ』のブランドディレクターであるAlexandre Remy氏が海外メディアとのインタビューで”今後オペレーター数を100人まで増やそうと考えている”との発言があり、長いスパンでのサービス継続にも期待ができます。

そんな『レインボーシックス シージ』では、シーズンごとに新たなオペレーター追加されるのですが、今回のYear2 season4「White Noise」においては、韓国のオペレーター2人と本来season2で配信される予定であったポーランドの攻撃オペレーター1人の合計3人が新たに追加されます。

今回の記事ではYear2 season4「White Noise」で追加されたオペレーター達の簡単な性能と武器の性能などを、筆者の私見を踏まえて紹介していきます。なお、本記事で使用しているスクリーンショットはPCのTTS(テクニカルテストサーバー)版のものです。

◆ZOFIA【GROM攻撃オペレーター】

GROMのオペレーター「ZOFIA」は「ELA」の実の姉でもあり姉妹共にコンカッション地雷に対する50%の耐性を持っています。また、「ZOFIA」は各ラウンド中1度のみダウン状態からHP1の状態で復活する事が可能です(ZOFIA1人だけで復活できる)。


アーマー・スピード共に2でプライマリ装備にLMGとアサルトライフルを持つ攻撃オペレーター。ユニークアビリティ「KS79 LIFELINE」はグレネードランチャーとコンカッションを切り替えて撃つ事ができるダブルバレルのランチャーを備えています。

■LMG-E【プライマリ装備】

「ZOFIA」の持つLMG-Eは、ゲーム内に存在するLMGの中で最も多いマガジンを持ち継続した戦闘が可能。リロード時間もLMGの中で特別遅いわけではなくスムーズに行う事ができます。

■M762【プライマリ装備】

M762はストックがカスタムされていて見た目が変化している他、ダメージが少し高い以外ごく平均的な性能の中距離型アサルトライフル。

■RG15【セカンダリ装備】

防衛オペレーター「ELA」の持つハンドガンと同じく、ゲーム内で唯一取り外し不可のレドットサイトが装備されているハンドガン。性能的にはごく平均的ですが、ドットサイトのアドバンテージはかなり大きく感じます。

■KS79 LIFELINE【ユニークアビリティ】

最大2発のグレネードと4発のコンカッションを切り替えて撃つ事ができるダブルバレルのランチャー。グレネードはガジェットのインパクトグレネードと同じくらいの大きさの穴をあける事が可能。コンカッションはELAと同じく視界不良に加え、視点移動速度の低下が付与されます。

グレネードで壁に穴をあけ素早くコンカッションに切り替え撃ちこむ事で敵の視界を妨害しながら室内を制圧する事が可能です。

◆DOKKAEBI【第707特殊任務大隊 攻撃オペレーター】

第707特殊任務大隊のオペレーター「DOKKAEBI」は、アーマー・スピード共に2でプライマリ装備にDMRとゲーム内初のダブルバレルショットガンを持つ攻撃オペレーター。ユニークアビリティ「LOGIC BOMB」は敵の持つ携帯をハッキングし位置を探知する事や、監視カメラにハッキングし、覗く事が可能です。

■Mk.14 EBR【プライマリ装備】

「DOKKAEBI」の持つ「Mk.14 EBR」は平均的な性能のDMRです。「DOKKAEBI」はセカンダリ装備が近・中距離に有効なので、遠距離での戦いに向いている「Mk14 EBR」を装備すればオールレンジに対応する事が可能です。

■BOSG.12.2【プライマリ装備】

『レインボーシックス シージ』初のダブルバレルショットガン。通常のショットガンと異なり、散弾ではなくスラッグ弾を装填。アタッチメントを付けてもリコイルパターンに何も映らない程の高反動だが、ゲーム内最高の125ダメージを記録し、中距離までを一撃で仕留める事が可能です。

■C75 Auto【セカンダリ装備】

連射可能なマシンピストル。比較的ダメージが高く、マガジンをグリップのように装着する事によって反動が抑えられています。サイトを付ける事ができないため遠距離の敵を狙うのには向いていません。

■SMG-12【セカンダリ装備】

連射可能なマシンピストル。ゲーム内最速の連射力を誇る「SMG-11」に並び、レート1270の高レート武器です。「SMG-11」に若干威力は劣るものの「SMG-11」の弱点であるマガジンの少なさを改善した32発マガジンによりセカンダリ装備に留まらずメインとして使う事が可能です。

■LOGIC BOMB【ユニークアビリティ】

アビリティを使用する事で敵の所持する携帯のバイブレーションを鳴らし、敵の位置を知る事が可能です。バイブレーションは一つ隣の部屋程度まで聞こえます。また、敵を倒した際に死体から携帯を抜き取り、ハッキングすることで防衛側の監視カメラを覗き込む事が可能になります。

バイブレーションを鳴らされた敵は一定時間解除キーをホールドしなければ止まらず、ホールドしている際は無防備な状態になります。また、監視カメラをハッキングすることで敵側が自らカメラを壊すような苦渋の選択を迫る事が可能です。

◆VIGIL【第707特殊任務大隊 防衛オペレーター】

第707特殊任務大隊のオペレーター「VIGIL」、アーマー1・スピード3でプライマリ装備にSMGとダブルバレルショットガンを持つ防衛オペレーター。ユニークアビリティ「ELECTRONIC RENDERING CLOAK(ERC-7)」は、ドローンや監視カメラなどに姿が映らなくなるON/OFF切り替えのアビリティ。

■K1A【プライマリ装備】

「VIGIL」のもつ「K1A」はSMGの中では比較的ダメージが高く、リコイルが少ない。

■その他装備
「DOKKAEBI」と同じくプライマリ装備に「BOSG.12.2」、セカンダリ装備に「C75 Auto」と「SMG-12」を持っています。

■ERC-7【ユニークアビリティ】

ブラジル特殊部隊BOPEのオペレーター「CAVEIRA」と同じくON/OFF切り替えスキル。ゲージが少しずつ溜まっていくので何度でも使用する事が可能です。

監視カメラやドローンに映らなくなる特殊スキル。ドローンで室内を偵察し、敵がいないと思い入りこんできた敵を迎撃する事が可能です。また、「DOKKAEBI」のユニークアビリティ「LOGIC BOMB」により監視カメラをハックされても見えないため対DOKKAEBIオペレーターともいえます。

次のページでは各武器の性能や使用感を紹介


Season4 武器の性能&使用感
道路にあるオレンジのセンターラインから白い壁に向かって検証
ここでは武器に装着可能なアタッチメントやリコイルパターンなどの簡単な紹介をしてきます。リコイルパターンはフルオートでのパターンを見るため、セミオート以外の武器は基本的に「コンペンセイター」+「バーティカルグリップ」での検証になります。

検証の前に結果を言ってしまうと、Season4で追加される装備は「BOSG.12.2」「SMG-12」「C75 Auto」を除き、癖もなく比較的使いやすい傾向にあると感じました。

■LMG-E【ZOFIA】

リコイルはLMGとしては平均的ではあるものの、壁の弾痕を見ると初弾と2発目の間隔が若干大きいのが目立ちます。


「LMG-E」はサイト・バレル・グリップ・レーザー全てを装着できます。リコイルパターンから見ると、マズルブレーキを装着した方が撃ち始めに連続して当てられる確率が上がるのではないでしょうか。

■M762【ZOFIA】

アサルトライフルとしては平均的なリコイルパターンでとくに癖もなく使いやすい。若干右斜め上に向かってのリコイル。


「M762」はサイト・バレル・グリップ・レーザー全てを装着できます。コンペンセイター+バーティカルグリップ装備で従来のアサルトライフルと同じ取り回しをする事が可能です。

■Mk.14 EBR【DOKKAEBI】

マズルブレーキ+バーティカルグリップを付けての検証。DMR特有のセミオート射撃のため、リコイルはほとんど感じません。前ページのオペレーター紹介でも書いたように、セカンダリ装備の「SMG-12」の使い勝手の良さにより「SMG-12」の射程範囲外の敵に使うといったイメージが強いです。


サイト・バレル・グリップ・レーザー全てを装着する事が可能です。DMRの中で最もダメージが低いため、敵にきっちりと弾を当てるのが勝負のカギとなります。

■K1A【VIGIL】

初弾の反動も気にならず、若干右よりですが、比較的まっすぐなリコイルパターン。特に苦労する事無くリコイルコントールが可能です。


サイト・バレル・グリップ・レーザー全てを装着可能。SMGとしては高いダメージで、低反動のうえ集弾率が高めなので、特に気にすることなく敵にマガジン全てを撃ちこむ事ができます。

■BOSG.12.2【DOKKAEBI・VIGIL】

今回筆者が最も期待している武器「BOSG.12.2」、驚異のダメージ125ですが、リコイルもゲーム内で最も大きく、連続で撃つと2発目が明後日の方向へ飛んで行きます。画像では辛うじて最後のみ2発目が当たっています。


サイト・グリップ・レーザーを装備する事が可能。グリップはバーティカルグリップとアングルグリップどちらを付けても画像右下のリコイルパターンに何も映らないほどの高反動なため、ADSへの切り替え速度が向上するアングルグリップを付けての運用が最適だと感じます。


「BOSG.12.2」の次にダメージが高いGLAZのDMRと人質の胴撃ちで比較してみました。「BOSG.12.2」は通常のショットガンと違い、散弾ではなくスラッグ弾を撃ち出すため、中距離程度までGLAZが胴撃ち2発かかる所を1発でダウンさせられます。

■SMG-12【DOKKAEBI・VIGIL】

高レート武器「SMG-12」、初めの5発程度までは普通のリコイルですが、6発目以降がじゃじゃ馬の如く左右に暴れます。うまくタップ撃ちを駆使し、4~5点バーストで撃つ事が出来れば高レートを生かしたまま戦う事が可能です。


サイト・グリップ・レーザーが装着可能です。基本性能はSASオペレーターが持つ「SMG-11」と同じですが、マガジン容量が2倍になり、「SMG-11」の弱点を克服しています。

■C75 Auto【DOKKAEBI・VIGIL】

「SMG-12」と同じく5発目程度までは普通のリコイルでそれ以降に急に暴れだします。こちらも上手くタップ撃ちする事によって高レートを生かした戦い方ができます。


アタッチメントとしてバレル、サプレッサーのみを装着可能です。性能的に見てもダメージ以外「SMG-12」より低いため、サイトが付けれる「SMG-12」が多く使われ、こちらの「C75 Auto」が使われる事は少ないと思います。

次のページでは新マップについて紹介


新マップ「Tower」


新マップ「Tower」は、2階層+攻撃側しか入る事の出来ない屋上のあるマップです。
部屋の数が異常に多く、なおかつ破壊可能な壁・落とし戸が多数存在するため防衛側は補強するべき壁を見極めなければなりません。



攻撃側は防衛側の入る事の出来ない屋上にスポーンするためスポーンキルに警戒する事無くゲームを始められます。


攻撃側は中央のエレベーターが通る空洞を伝って入るか、屋上からビルの側面をラペリングして侵入可能です。



室内に死角になる物が多く、攻撃側・防衛側共に注意する必要がありそうです。また、音楽やアナウンスが流れている部屋が多く、敵の足音などに気付く事が出来ない場合もあるため、防衛側は音の出るオブジェクトを銃撃、あるいは殴って破壊しておくと有利に進める事ができると思います。


以上、Year2 Season4「White Noise」で追加された新オペレーター、新装備と新マップの情報をお届けしました。新オペレーターは比較的使いやすい装備・能力を持つものばかりで、どのマップでも有効に使う事ができると思います。

マップや味方の選択したオペレーターなども考慮し、新オペレーターをうまくつかえばチームに貢献できる事間違いなしです。今後更なるアップデートを迎える『レインボーシックス シージ』ですが、自分が使わないオペレーター達でも、能力や性能などの情報を知ることで対策を取る事が可能になるかもしれません。なので積極的に新しい情報を取り込むようにする事が勝利への近道なのです!【ほかの画像を見る】【特集】徹底解説!『レインボーシックス シージ』「White Noise」戦場へ行く前に新要素を頭に入れろ
【特集】徹底解説!『レインボーシックス シージ』「White Noise」戦場へ行く前に新要素を頭に入れろ