LIXILは、家電やデジタル機器だけではなく、玄関ドアや窓シャッターなどの建材までIoT技術でトータルにつながる、住まいのリンクシステムを開発したことを発表した。このシステムは、建材とAIスピーカーを連携させた商品として、2018年4月より全国発売の予定。

このたび同社が開発した新システムは、エネルギーの使用状況の見える化や家電機器の遠隔操作を可能にする「ホームコントローラ」と、住宅に設置したセンサやカメラによって見守り・防犯を可能にする「リンクコントローラ」、そしてこれらをLIXIL独自技術で一括連携させる「ルーター」によって構成され、住まいをトータルでIoT連携させるものとなっている。

これにより、住宅内のさまざまな操作機器と各種センサが連携し、出かける際に、AIスピーカーに一声かけるだけで、照明やエアコンをオフにすることをはじめ、普段何気なく操作している家中の照明や家電製品・給湯設備・窓シャッターなどさまざまな設備をスマートフォンで遠隔操作したり、外出先から消し忘れた照明やエアコンをオフにしたり、あるいは帰宅時間にあわせてお風呂を沸かしておくといったことも可能。また、外出したあとに戸締りをしたかどうか不安になったときも、アプリからカギの開閉履歴をチェックし、遠隔操作で戸締りすることもできる。

また、住宅内に設置した各種センサやカメラを一括管理することで、外出先からスマートフォンで自宅を見守ることも可能。 離れて暮らす家族や、外出時の子供の帰宅など、玄関ドアの開閉を"きっかけ"にカメラが連動し、その映像をメールでスマートフォンに知らせることができる。

さらには、ガス・電気・水道の使用量で生活状況を把握することや、生活パターンを読み取っておすすめの電力会社や電力プランを知らせるといったことも可能となる。

なお、一般的な家電製品で使われる赤外線式のリモコンを組み合わせることも可能で、暮らし方にあわせた機能を自由にカスタマイズすることができるということだ。
(早川厚志)

画像提供:マイナビニュース