俳優の東山紀之が主演するABC・テレビ朝日系スペシャルドラマ『必殺仕事人』(2018年1月7日 後9:00~11:10)に、故・藤田まことさん演じる必殺シリーズの名キャラクター、中村主水が登場することが明らかになった。東山版「必殺」10周年を飾る。

【場面写真】最新映像技術でなんでも可能に!?

 藤田さんは、1973年放送の必殺シリーズ第2作『必殺仕置人』に初登場。昼は頼りにならない同心、夜は仕事人として世の恨みを銭で晴らす中村主水という稀有なキャラクターを確立し、以来、16作にレギュラー出演し、人気シリーズを牽引。2007年、東山主演の新シリーズがはじまってからも出演を続け、10年に亡くなるまで、“必殺の顔”として視聴者を楽しませた。

 今回の最新作では、『必殺仕事人2007』以降の藤田さんの出演シーンと、東山の新撮映像を組み合わせることで、『必殺仕事人2009』以来となる再共演が実現。好物の“メザシ”を囲み、主水と小五郎の間で仕事人の今後を左右する、ある重要なやりとりが交わされる。

 東山は、藤田さんと久々に“共演”して、「戻って来られたな、という感慨深い気持ちです。10周年を飾る作品ということで、奥田瑛二さんや黒木瞳さんにご出演いただいていますし、ここに藤田まことさんもいらっしゃったら…という皆さんの願いが、台本の登場シーンに集約されていると思いました。僕自身どんな形になるか楽しみにしつつ、演じさせていただきました」とコメント。

 『必殺2007』の撮影当時、41歳だった東山は「藤田さんが中村主水を演じはじめた時と同じ年齢ということで、とても意識していたことを覚えています。僕にとって初めての松竹撮影所での仕事だったのですが、藤田さんがすごく気を遣ってくださって、温かい雰囲気を作ってくださいました」と懐かしみ、「僕らが作品を通じて受け継いでいくものは、藤田さんのような先輩方の生き方も含まれています。シリーズが重なれば重なるほど受け継ぐものは重く大きくなるけれど、その立場にいられるということはとてもありがたいことだと思います」と噛みしめていた。
ABC・テレビ朝日系『必殺仕事人』(2018年1月7日放送)に “必殺の顔” 藤田まことさん演じる中村主水が復活。最新技術で東山紀之と共演(写真は2009年のもの)(C)ABC