Microsoftは2017年12月4日(現地時間)、Visual Studio 2017 バージョン15.5及びVisual Studio for Mac バージョン7.3をリリースしたことを、公式ブログで発表した。いずれもダウンロードページから入手できる。

Visual Studio 2017 バージョン15.5は多くの変更が加わっているが、Microsoftは数多くの操作でパフォーマンスの向上を強調している。C#及びVisual Basicプロジェクトのソリューション読み込み時間はほぼ半分、デバッグとリリースの切り替え時間や、.NET Coreプロジェクトのファイルとフォルダの追加、削除、および名前の変更、プロジェクトテンプレートの展開を高速化。同社によればレアケースながらも展開時間は最大40倍になるという。

この他にもデバッグ機能の強化やDockerのマルチステージビルドのサポート、条件付きアクセスによるAzureリソースへのアクセスも加わった。モバイル開発については、Visual Studio Tools for XamarinがiOS及びAndroid用のXamarin SDKとして、Xamarin.iOS バージョン11.4とXamarin.Android バージョン8.1に更新している。また、Xamarin Live Playerを用いることで、コードの変更結果をリアルタイムで確認できる。

Visual Studio for Mac バージョン7.3では、VSTest(Visual Studioテストプラットフォーム)のサポートや、新たな.NET Compiler Platform(Roslyn)ベースのリファクタリング、メモリー使用量の改善とパフォーマンスの向上が図られた。より詳しい情報はリリースノートを参照してほしい。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

画像提供:マイナビニュース