HTCは、AR/VR関連スタートアップへ支援を行う「Vive X」プログラムの第3期参加企業を発表しました。

Vive Xでは2016年に第1期、2017年に第2期とそれぞれ多くのスタートアップへ1億ドル(約112億円)規模の投資を行っています。参加企業は資金だけでなく、VR開発への指導やネットワーキングへの参加など、手厚い支援を受けることができます。

今回発表された第3期参加企業は26社。新たにイスラエル・テルアビブを拠点に加え、アメリカや中国各都市など合わせて5つの拠点でスタートアップへと支援が行われます。以下では、各地域ごとの参加企業を紹介します。

サンフランシスコ

Apelab
プログラミングの知識がない人でもVR/ARのソフトウェアをインタラクティブに開発できるツール「Spatial Stories」を開発しています。

・CALA
ファッションデザイナー向けに、アイデアのスケッチからプロダクションまでを一括して行えるVRソリューションを開発しています。

Cloudgate Studio
VRゾンビゲーム『The Brookhaven Experiment』を手がけたゲーム開発スタジオです。VRでのプレイヤーの姿をストリーミングできるVirtual Selfなどを開発しています。

eLoupes
空間を3Dデータとして扱うライトフィールド技術やヘッドマウントディスプレイを用いた外科手術イメージングシステムを開発しています。

Nanome
ネットワーク上で安全にデータを取り扱えるブロックチェーン技術とVRを組み合わせた、開発者や研究者、デザイナー向けのコラボレーションシステムを開発しています。

Neurable
VRでの操作方法として脳波を取り入れた、ブレイン・マシン・インターフェースを開発しています。

Quantum
AI、フォトリアルな3Dキャラクター、プロシージャルアニメーションなどを用いたバーチャルアシスタントを開発しています。

QuarkVR
片目4K、12人同時のVRストリーミングを低遅延で行う圧縮ストリーミング技術を開発しています。

北京

・Future Tech
Ubisoft、Gameloftなどの出身者で構成される、VRゲーム制作スタジオです。

・Genhaosan
ミュージシャンになりきって歌を歌い、ソーシャルメディアで体験をシェアできるカラオケのためのVRソリューションを開発しています。

JuDaoEdu
幼稚園から高校までの学生向けに、物理や化学といった理科教育をVRで行うVRラボを提供することを目的としています。

Lenqiy
サイエンスや数学、アートなどの分野でクリエイティブな教育環境を提供するコンテンツを開発しています。

PanguVR
3Dアセットや2D画像などを元にAIが6自由度のVR環境を作成する、コンピュータービジョンを用いた開発を行っています。

Pillow’s Willow VR Studios
あらゆる年齢層のプレイヤーが楽しく遊べるVRゲームを開発しており、Gear VR向けパズルアドベンチャー『Spark of Light』などを開発しています。

Yue Cheng Tech
VRでのNetflixのようなオンデマンドサービスを目指しており、現在15ヶ国50以上のパートナーから300以上のVRコンテンツを導入しています。

深セン

Antilatency
モバイルや無線ヘッドセットを用いて、無制限のマルチプレイヤー体験を可能にする位置追跡ソリューションを開発しています。

Configreality
人間の空間認識が現実空間とVR空間で異なることを利用し、限られたスペースで無制限に歩ける空間圧縮アルゴリズムを開発しています。

・Super Node
マシンが周囲の環境を学習し、安価で高精度な障害物回避などを実現するビジュアルインテリジェンスを開発しています。

VRWaibao
銀行、製造、不動産、医療、軍事などに向けたVR共同作業プラットフォームを開発しています。

Wewod
ディズニー、任天堂、バンダイナムコなどに3Dプロダクションを提供した経験もある製作会社です。ロケーションベースのエンターテインメント・教育VRコンテンツを開発しています。

台北

・COVER
日本のVRスタートアップ。モバイルデバイスを用いて視聴者がアバターとして参加できるライブストリーミングプラットフォームを開発しています。

Looxid Labs
ユーザーの目と脳活動を測定し、VR体験時の感情を分析するアルゴリズムを開発しています。

Red Pill Lab
VRキャラクターによりリアリズムを付加するために、リアルタイムのキャラクターアニメーションのワークフローを最適化するアルゴリズムを開発しています。

VRCollab
建築家、エンジニア、プランナー、コンサルタントが共同で作業できる建設プロジェクト向けのソリューションを開発しています。

テルアビブ

Astral Vision
アミューズメントパークのライドアトラクションをVRに取り込んだコンテンツを開発しています。

REMMERSIVE
受賞歴のある技術者とレースドライビングのチャンピオンが創立した、没入型ドライビングシミュレーターを開発しています。

(参考)
HTC Invests in 26 More AR/VR Startups in Vive X Accelerator / Road to VR(英語)
https://www.roadtovr.com/htc-invests-26-arvr-startups-vive-x-accelerator/

Mogura VRは、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。