Jタウンネットの読者アンケート記事「食パン、『薄切り』の東日本・『厚切り』の西日本...その境界線は? 7000人アンケートで判明!」が、人気バラエティ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で紹介された。

関東(千葉県)出身のマツコ・デラックスさんは、この食パンの切り方の地域差について興味を強く惹かれたようだった。


食パンは「西厚東薄」

Jタウン研究所では17年8~10月、「食パン、何枚切りが好き?」をテーマにアンケート調査を実施し、読者からの約7300票を元に地域を色分けし、どの地域でどのような食パンが好まれているのかを発表した。


この話題が取り上げられたのが、2017年11月29日放送の「月曜から夜ふかし」で、番組中盤、マツコさんはトークテーマが書かれたカードのうち、「都道府県別パンは何枚切りが好きかという調査結果が出た件」をチョイスし、

「4(枚切り)は関西だと思う。モーニングとか。東京は6(枚切り)な気がすんだよね!」

と、「モーニング」文化が根付く地域は厚めではないか、という予測を立てた。

実際に、Jタウン研究所の調査では、東日本では6枚切りが、そして「モーニング」発祥の地である愛知県などを境に、西日本では5枚切りが優勢という結果が出ており、ほとんどマツコさんの予想通りとなった。

しかし、西日本で優勢となった5枚切りには馴染みが無いといい、「4の次は6だよね」と語った。

「5枚切りなんて見たことない」というマツコさんに対し、5枚切り地域である大阪出身の関ジャニ∞の村上信五さんは「うそぉ!」と思わず叫ぶなど、同じ食品でも細かな地域差があることに、2人とも驚きを隠せない様子だった。