「速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである」のスペシャルゲストに『おしゃれはほどほどでいい』(幻冬舎)を上梓した野宮真貴さんをお招きしました! 3人で90年代の「渋谷系」とファッションについて語ります。(全3回の1回目。#2、#3に続きます)

「高校時代からピチカート・ファイヴ=東京だと思っていました」

速水 はじめまして。速水健朗です。

おぐら おぐらりゅうじです。

野宮 野宮真貴です。今日はよろしくお願いします。

速水 さっそくですが、僕はいま44歳なんですけど、40歳を超えて唯一泣いたのは、リオ・オリンピックの閉会式で『東京は夜の七時』が流れた瞬間なんです。

野宮 あら。私も見るまでは知らなかったんですよ。ただ、事情を知っていた友人が「とにかく閉会式はリアルタイムで見てね」とだけ言っていて。見たら「あれ、聞いたことある曲だな」って。

速水 あんなに東京を肯定している曲はないですよ。しかも、何の脈絡もなくかかりましたし。

野宮 演出も感動的でしたよね。

おぐら 「東京」をテーマにした曲は時代も世代も超えて数多ありますが、『東京は夜の七時』はいわゆる上京物語として憧れの東京を描いた曲ではなく、東京を使いこなしている視点と都会的な音色が別格だなぁと改めて感じました。

野宮 すごく都会的ですよね。

速水 僕は地方出身なので、高校時代からピチカート・ファイヴ=東京だと思っていました。野宮さんはその象徴で、都会のキラキラを体現している特別な存在です。

野宮 うれしいです。ありがとうございます。

おぐら 僕はいま36歳で、初めてピチカートの曲を聴いたのは、フジテレビの『ウゴウゴ・ルーガ』でした。

野宮 『ウゴウゴ・ルーガ』のテーマ曲が『東京は夜の七時』だったんですよ。

おぐら 1994年の『ウゴウゴ・ルーガのピチカート・ファイヴ』というアルバムが最初です。

野宮 そういう出会い方もあるんですね。

「最近渋谷系って呼ばれてるらしいよ」ぐらいの感じ

速水 渋谷系っていう言葉、野宮さんはアルバムのタイトルにも掲げて、非常に引き受けてらっしゃいますよね。そもそも、その言葉自体、あとから作られたもので。当事者としては当時そういった意識はなかったと思うんです。自分たちが渋谷系だ、という。

野宮 はい。ありませんでした。最初はね。

おぐら もともとはメディアだったりシーンの外にいた人たちが使い始めた言葉で、売ったり広めたりするのに便利な言葉。“系”というからにはカテゴライズされてしまうので、表現をしている当事者の人たちは、渋谷系と呼ばれることを基本的にはよく思ってないですよね?

野宮 「自分は渋谷系じゃない」と言う方もいました。ただ私は「最近そうやって呼ばれてるらしいよ」ぐらいの感じで。あんまり気にしてなかったんです。

90年代、渋谷には「しょっちゅう行ってました」

速水 実際、90年代には渋谷に遊びに行ったりしていたんですか? 

野宮 事務所も渋谷にありましたし、しょっちゅう行ってましたよ。あとは、やっぱり当時の渋谷は音楽とファッションの中心地でしたから。レコード屋さんもたくさんあって。小西さんも渋谷のいろんなレコード屋さんに足を運んでいたみたいですね。

速水 あの頃、渋谷のレコード屋はどこに行っても「小西康陽のおすすめ!」っていうポップがありました。

野宮 そうなんですか(笑)。私はレコードにはそこまで興味がなくて、レコード屋さんもほとんど行かなかった。でも当時はオリーブ少女と言われていた10代の女の子達が「可愛い!」ってアナログをジャケ買いしていましたよね。

おぐら 高校生のときにそういう情報を聞いて、小西さんも卒業生だし、大学行くなら青学しかないと思って入ったのですが、実際はベレー帽にボーダーみたいな女の子はキャンパスに全然いなかったですね……。

速水 おぐら君が大学に入った2000年代は、もう渋谷系の全盛期が過ぎていた時期だから。

おぐら それでも渋谷キャンパスのすぐ近くにあるクラブ「青山fai」では、フリーソウルのパーティとかはまだやってました。渋谷のDMRにも再発のレコードがたくさん売っていて、キティ・ウィンター・ジプシー・ノヴァとかアリス・クラークとか、だいぶ注ぎ込みましたよ。

野宮 そういう文化はまだ残っていたんですね。

グルーピーの女の子たちではなく、ロックシンガーになりたかった

速水 野宮さん自身は、ピチカートに加入した頃はどういう音楽を聴いてらしたんですか? ピチカートマニアの人たちはみんな音楽にめちゃめちゃ詳しくて、ロジャー・ニコルズとか当たり前に聴いているような中、キャラクターとしては「私はミック・ジャガーが好きだから」みたいなパブリックイメージがあったと思うんですが。

野宮 当時ロジャー・ニコルズとかは小西さんに教えてもらって知ったぐらいですね。ピチカートに正式加入する前、まだ田島貴男君がリードボーカルだった頃に、コーラスで参加していたんですけど、その時はLAメタルとか聴いてました。

速水 なるほど。そこが一番キッチュなロックンロールですもんね。

野宮 ファッションもかなりロックでした。

おぐら ピチカート加入前の野宮さんを写真で見たことありますが、髪を立てて黒いバンドTシャツを着てました。

野宮 そんな時代もありましたね。

速水 そういった野宮さんの感性に、小西康陽が融合したからこそのピチカート・ファイヴだと思います。ピチカートに欠かせないキッチュさは、野宮さんが持ち込んだものだと僕はずっと思っているんです。

野宮 そうかもしれません。

おぐら 野宮さんのロックへの憧れとして、グルーピーの女の子たちを目指すのではなく、あくまでロックシンガーのほうになりたかったっていう話が好きなんです。それで当時は野宮さんの一人称が「僕」だったという。

野宮 いま考えるとやばいですよね(笑)。

「バンドのメンバーに1人はオシャレな人がいるんです」

速水 ちなみに、どのあたりのLAメタルが好きだったんですか?

野宮 モトリー・クルー、ラット、ポイズンとか(笑)。高校生の頃はキッスがすごく好きで。その前はデヴィッド・ボウイやマーク・ボランなどグラムロック。ちょっとビジュアル系っぽいのが好きなんです。ダサいなとは思いますけど(笑)。

速水 え、ダサいと思って聴いてたんですか?

野宮 オシャレではないと思いますよ。ただ、バンドのメンバーに1人はオシャレな人がいるんです。エアロスミスだったらジョー・ペリーとか。

速水 男がメタルを好きになるのはビジュアル関係ないので、そこは大きな違いですね。グラムロックにしろ、ラメ入れたりとか普通の男は真似しちゃダメ。

おぐら ROLLYさんとかは完全にものにしてますけど。

野宮 ROLLYはかっこいいですよね。私がピチカートにコーラスで参加していた頃、すかんちと一緒にツアーを回ったことがありました。

速水 いつぐらいの話ですか?

野宮 1988年か1989年だと思います。ソニー時代。あれは面白かったなぁ。

速水 そういうロックの要素は、小西さんには全くないですよね。

野宮 そうですね。だから小西さんはロックミュージシャンに対する憧れがあるってよく話してました。ピチカートでワールドツアーをする時は、ブラボー小松というギタリストを入れて、基本は3人編成みたいな感じだったんですが、そのブラボー小松はギターもルックスもグラム系なんです。だからその頃はかなりキッチュなグループに見えたと思います。

「自分の声はロックよりテクノポップの方が合っていた」

おぐら 野宮さんはご自身でロックなりメタルを歌いたいとは思わなかったんですか?

野宮 自分の声がロックには向いてないとわかっていたので。しかも私がデビューした1981年頃はニューウェーブの時代で、テクノポップの方が声に合っていたんです。ただ私の曲は打ち込みではなくムーンライダーズが演奏していましたけど。

おぐら その時代、女性ボーカルでテクノポップといえばプラスチックスとかはかっこよかったですよね。

野宮 私も大好きでした。佐藤チカさんは憧れの人です。

おぐら もしピチカートがなければ、そういう路線もあったかもしれない。

野宮 ロックでテクノポップ、あったかもしれませんね。

速水 逆に、ピチカートの世界観を表現する素養はどういうところから?

野宮 服はもうほんとに子どもの頃から好きでしたし、60年代に母親が着ていた服や当時流行っていたファッションにも憧れていました。そういう部分では小西さんたちが目指す世界観と共通していたので、わりとすんなりできましたね。

おぐら ピチカートの曲は、タイトルからジャケットから衣装からミュージックビデオまでたくさんの引用元があって、当時それを川勝正幸さんがひとつひとつ丁寧に解説しているコラムを読みながら「うわぁ〜情報量が多すぎる〜」って思ってました。

野宮 作るほうはもちろんですけど、追いかけるほうも大変でしたよね(笑)。

(#2に続きます)
写真=山元茂樹/文藝春秋

(速水健朗×おぐらりゅうじ)

©山元茂樹/文藝春秋