日産とDeNAが、無人運転車両を活用した交通サービス「Easy Ride」の実証実験に着手。一般モニターの募集を始めました。

専用アプリで配車、目的地設定、支払いまで可能

日産とディー・エヌ・エー(DeNA)は2017年12月5日(火)、無人運転車両を活用した交通サービスの名称を「Easy Ride(イージーライド)」に決定したと発表。実証実験に参加する一般モニターの募集を開始しました。

2社は2017年1月から、自動運転技術を活用した新しい交通サービスの開発に着手。「Easy Ride」は誰でもどこからでも好きな場所へ自由に移動できる交通サービスで、既存の交通サービスを補完するものとして開発が進められています。専用のモバイルアプリで目的地設定から配車、支払いまでが可能。多言語への対応も予定されています。

実証実験は2018年3月5日(月)から18日(日)までの2週間、横浜市のみなとみらい地区周辺で実施。一般モニターの募集受付は、「Easy Ride」ウェブサイトで2018年1月15日(月)まで行われます。

【画像】「パンケーキ食べたい」で目的地へ

自動運転技術を活用した新しい交通サービス「Easy Ride」車両のイメージ(画像:日産)。