BBCとVRスタジオのREWINDは、宇宙飛行士として国際宇宙ステーションの外壁の修理を体験するVRシミュレーション『Home – A VR Spacewalk』をリリースしました。本作はOculus Rift/HTC Vive向けに無料で配信されています。

実際の飛行士トレーニングから着想

『Home – A VR Spacewalk』は、NASAやESAで実際に行われている宇宙飛行士のトレーニングから着想して作られたVRシミュレーションです。

地上400キロメートルに浮かぶ国際宇宙ステーションを舞台に、ステーションの内部や外壁を伝って進む、無重力空間を体験することができます。

RWD // Home – A VR Spacewalk from Rewind on Vimeo.

本作は鑑賞コンテンツというだけでなく、トラブルのシミュレーションを通して実際の宇宙飛行士のトレーニングを体験することができます。プレイヤーは、緊急時には外壁の修理を担当することになっています。

宇宙飛行士も体験

半年以上の宇宙滞在経験のあるイギリスの宇宙飛行士Tim Peake氏は、本作を体験して「実際の宇宙空間では現実のように速く動くことはできないが、本作はオリエンテーションにはよくできており、トレーニングには完璧」だと述べました。

「宇宙飛行は、サイエンスを志す多くの若者が一度は憧れる世界です。バーチャルリアリティで体験できる宇宙探索は、その機会をよりリアルに、誰でも体験できる形で実現するでしょう」

『Home – A VR Spacewalk』は現在、Oculus StoreSteamで無料で配信中です。

宇宙を題材とした忠実なVRシミュレーションはこれまでにも多く公開されており、国立天文台による観測データをVRで見ることができる『Mitaka for VR』、OculusやNASAによる国際宇宙ステーション体験『Mission:ISS』なども無料で体験することができます。

(参考)
BBC Takes You 250 Miles Above Earth in ‘Home – A VR Spacewalk’, Now Available for Vive & Rift(英語)
https://www.roadtovr.com/bbc-takes-250-miles-earth-home-vr-spacewalk-now-available-vive-rift/

Mogura VRは、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。