西野七瀬

©『電影少女2018』製作委員会

テレビ東京系にて1月13日から放送が始まるドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』。

桂正和の代表作『電影少女』の時代設定を現代に移して制作される本作は、ビデオガール・アイ役に乃木坂46・西野七瀬が出演。当サイトでもすでに取り上げているが、リアルタイム世代から多くの反響があった。

電影少女

©桂正和/集英社

そんな本作の追加出演者が発表されたので紹介したい。

■学校のマドンナに飯豊まりえ

©『電影少女2018』製作委員会

©『電影少女2018』製作委員会

野村周平演じるドラマ版の主人公・弄内翔が片想いをしている学校のマドンナ・柴原奈々美役には、飯豊まりえ 。

©『電影少女2018』製作委員会

翔の幼馴染で親友の古矢智章役には、清水尋也。

©『電影少女2018』製作委員会

そして、翔の中学の一つ下の学年で、翔に想いを寄せる、可愛らしい後輩・大宮リカ役には大友花恋が決定した。

「アイが主人公の恋を応援する」という構造は原作マンガと変わらないわけで、だからこそマドンナの人選が大事になってくる。そういう意味では、飯豊というチョイスはとてもいいものではないだろうか。

今回演じる役柄について、飯豊は以下のようにコメント。

私が演じる奈々美ちゃんは、アイちゃんとは対照的な現代の女の子で、人間らしい女性です。なるべくお芝居を置きにいかないようにして、ナチュラルに感情のままに演じてみています!

また、すでにコスプレとなった制服姿については…

10 代最後のドラマですがあまり深く考えずに楽しく撮影ができたらなと思っています。ちなみに高校生役は自分ではまだまだ何年もできると思っているので制服はへっちゃらです!

ですが、高校生ならではの人との距離感や感情が今の自分とギャップがあってまだ実は恥ずかしさはあります(笑)

と、彼女らしい言葉を述べている。

■モテナイヨータは戸次重幸に!

©『電影少女2018』製作委員会

さらに、原作マンガリアルタイム世代には重要な情報が。原作オリジナルキャラで主人公の弄内洋太を「TEAM NACS」の戸次重幸が。

©『電影少女2018』製作委員会

そして、ダンサーの清水浩司役には村上淳が出演することが発表されたのだ。

懐かしさと新しさを兼ね備えた作品になることを期待したい。

《これまでに配信した『電影少女』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『電影少女』アイ役西野七瀬のVHSに「なぐさめてほしい」の声殺到

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

『電影少女』原作主人公・弄内洋太役は戸次重幸! 飯豊まりえらも出演