マーベルとDCコミックスが初めて手を組んだ夢のスペシャル番組「アメコミ・ヒーロー大全」がヒストリーチャンネルで日本初放送されます。

【画像4枚】ヒストリーチャンネル「アメコミ・ヒーロー大全」

2大アメコミ出版社からレジェンドたちが50名登場!

アメコミのすごさが分かる4時間番組です。

マーベル×DC夢の4時間番組

「ヒストリーチャンネル 日本・世界の歴史&エンタメ」では、2017年12月・2018年1月に「アメコミ・ヒーロー大全」を日本初放送します。

この番組は、2大アメコミ出版社、マーベルとDCコミックスが初めて手を組んだ夢のスペシャル番組。

社会からのけ者にされ、人間離れしたキャラクターたちが、その時代の人々の希望や願い、あるいは、欲望により作り出され、いかにしてメインストリーム・カルチャーのトップへ登りつめ、世界的に興行収入の上位を占めるようになったのかを見ていく4時間スペシャルとなっています。

最も影響力のあるクリエイター、人気アーティスト、俳優、監督、ポップカルチャーの第一人者の視点で語る、マーベルとDCコミックスが世に送り出したスーパーヒーローたちの年代記。

原画、新作アニメーション、未公開アーカイブ素材、レアな舞台裏映像などを盛り込み、ファン垂涎の内容となります。

レジェンドが総勢50名登場!

アメコミのレジェンドたちが勢ぞろい!

番組に登場するのは、映画『アイアンマン』で監督を務めたジョン・ファブローや、映画『ワンダーウーマン』の監督パティ・ジェンキンス、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でファルコン役を演じたアンソニー・マッキーなど。

さらに、マーベル・コミックス元社長スタン・リーやDCコミックス元社長ポール・レヴィッツ、DCエンターテインメント発行人ジム・リー、映画『スーパーマン』の監督リチャード・ドナーなど、アメコミ界のレジェンドたちも勢ぞろい!

スーパーヒーローを研究する学者や大学教授、コミックライターやアーティスト陣総勢50人がアメコミを解説します。

登場する超豪華著名人例
ジム・リー(DCエンターテインメント発行人)、ジェフ・ジョーンズ(DCエンターテインメントCCO)、ジョン・ファブロー(映画『アイアンマン』監督)、パティ・ジェンキンス(映画『ワンダーウーマン』監督)、ポール・レヴィッツ(DCコミックス元社長)、ジョージ・R・R・マーティン(「ゲーム・オブ・スローンズ」著者)、ダン・ディディオ(DCエンターテインメント出版者)、ロイ・トーマス(マーベル・コミックス元チーフ・エディター)、アンドニー・ルッソ(映画『シビル・ウォ ー/キャプテン・アメリカ』共同監督)、ジョー・ルッソ(映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』共同監督)、スタン・リー(マーベル・コミックス元社長)、クラーク・グレッグ(「エージェント・オブ・シールド」コールソン役)、アンソニー・マッキー(映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ファルコン役)、リチャード・ドナー(映画『スーパーマン』監督)、ティム・ミラー(映画『デッドプール』監督)、T・J・ミラー(映画『デッドプール』ウィーゼル役)
ほか総勢50名

アメコミ・ヒーロー大全
Part.1 誕生:2017年12月10日(日)13:00/21:00ほか
Part.2 反逆:2018年1月7日(日)13:00ほか

©2017 A&E Television Networks. All rights reserved