セリエA、開幕14連敗中クラブの守護神が終了目前にスーパー同点弾「なんてゴールだ!」

 海外サッカーのイタリア1部セリエAで、試合終了目前のアディショナルタイムに攻め上がったGKがスーパーヘッド弾を炸裂。開幕14連敗中のチームに創設以来、初の勝ち点1をもたらす“後半50分弾”をイタリアメディアが動画付きで紹介し、各国メディアも「なんてゴールなんだ!」「呆気にとられるフライングヘッド弾」と驚嘆を呼んでいる。

 彼は本当にGKなのだろうか。思わず“疑惑”すら持ちたくなる、スーパーヘッド弾を炸裂させたのはイタリア1部セリエA、ベネヴェントのGKブリニョーリだ。

 3日(日本時間4日)のACミラン戦。後半アディショナルタイムだった。1-2でビハインドを許し、敗戦目前。ベネヴェントは左サイドの好位置からFKのチャンスを得た。ここで一気に勝負をかける。GKブリニョーリを前線に上げたのだ。ミランの白、ベネヴェントの黒のフィールドプレーヤーのユニホームの中に緑のブリニョーリが1人。そして、守護神は奇跡のドラマを起こす。

 右足で蹴り込まれ、ゴールに向かっていくボールに対し、一歩引いたエリア境界線付近にフリーで構えていたブリニョーリは後方から勢い良くダッシュ。そして、相手と競り合いながら豪快に飛び上がり、体ごと投げ出すようにしてヘディングを炸裂させた。ボールは狙い済ましたかのようにゴール右隅へ。相手GKは一歩も反応することができず、ゴールネットを揺らしてみせた。

 今季、創設以来初の1部昇格したチームは目下、14連敗中。不格好ながら気持ちで押し込んだアディショナルタイム弾は歴史的な勝ち点1をもたらすことを意味する。騒然とするスタジアム。めったにないゴールを決めたブリニョーリは、起き上がってグローブを着けた両手を広げて疾走。最後は選手たちに囲まれ、手荒い祝福を受けていた。

海外メディアも騒然「GKが呆気にとられるアディショナルタイムのフライングヘッド弾」

 イタリアサッカー専門メディア「Forza Italian Football」は動画付きで公式ツイッターに紹介。「なんてゴールなんだ! ベネヴェントにもたらされた初めての勝ち点はGKブリニョーリの後半50分でのダイビングヘッドによって生まれた」と称賛し、映像を観たファンに驚きが広がっていた。

 米テレビ局「CNN」は「ベネヴェントGKがACミランに対し、歴史を作るゴールを記録」、英紙「ガーディアン」は「ベネヴェントが最初の勝ち点を獲得。延長時間にキーパーがミランに衝撃を与えた」、米スポーツ専門サイト「DEADSPIN」は「キーパーが呆気にとられるアディショナルタイムのフライングヘッド弾」と各国で報じられた。

 Jリーグなどでも終了目前にGKを前線に上げることはまれに見られるが、ゴール、しかもこれほど豪快なスーパーゴールを決めるシーンはなかなかお目にかかれない。相手は新たな指揮官に就任したガットゥーゾ監督の初陣となった新生ミラン。引き分けなしの黒星を14つ並べていた最下位チームが、まさかのGK弾によって初の勝ち点1をもぎ取った。

【動画】彼は本当にGK!? まさに「後半50分の奇跡」…Forza Italian Footballが公開したブリニョーリの“超絶フライングヘッド弾”の瞬間


【動画】彼は本当にGK!? まさに「後半50分の奇跡」…Forza Italian Footballが公開したブリニョーリの“超絶フライングヘッド弾”の瞬間

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

劇的同点弾を決めたベネヴェントのGKブリニョーリ【写真:Getty Images】