マンチェスター・Uは、トッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズ獲得に自信を持っているようだ。4日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 マンチェスター・Uは、今夏の移籍市場でもローズに関心を示していることが明らかになっていた。しかし、トッテナムはイングランド代表DFカイル・ウォーカーをマンチェスター・Cに売却していたことにより、両サイドバックを同時に失うことは認めず、交渉は成立しなかった。

 しかし、マンチェスター・Uは未だにローズ獲得を第一候補としており、早ければ今冬、遅くても来夏にはローズを5000万ポンド(約75億円)で獲得することに自信を持っているようだ。

 ローズは今夏、クラブの補強や給料に不満があることを語り、後に謝罪する騒動を起こしていた。これにより、マウリシオ・ポチェッティーノ監督との関係が悪化し、トッテナムは売却を考慮していることが報じられるなど、同クラブでの将来が不透明となっている。

マンチェスター・U移籍が噂されるローズ [写真]=Getty Images