1977年、史上最年少のロックバンドとしてデビューし人気を博し、その後は日本のハードロック界の先駆者として名盤「宇宙船地球号」を残しわずか3年半で解散。そしてそれぞれが高崎晃はLOUDNESS,井上俊次はNEVERLAND,そしてレーベル・ランティスの代表取締役、影山ヒロノブはソロシンガーとして数々の名曲を歌い、近年ではJAM Projectなどでも活躍をみせるのは知っての通りだ。そしてついにLAZY40周年となる2017年に、new single「Slow and Steady」をリリースするにあたり、SPICEではその活動を振り返りつつ今のLAZYやそれぞれに迫った。

――今日はよろしくお願いします!

高崎:あっ、それ『MACHINE HEAD』(第二期ディープ・パープルの6thアルバム)のTシャツやね?(※ライターが着ていたTシャツについて)

――バンド名の由来になっている「Lazy」が入っているので(笑)。そして、今回はLAZYが40周年記念シングル&ツアー発表ということで、まずその事実にビックリしました。この話が持ち上がったのはいつ頃になるんですか?

井上:もともと40周年という記念の年なので、曲を作りましょうという話からスタートしたんですよ。今はシングル、アルバムという形以外でも、配信でもリリースできるから、何かを残そうと。

高崎:カゲ(影山)の40周年のライヴが9月にあって、僕も大阪公演を観に行ったんだけど、そこで具体的にやろうやって。

井上:で、ランティスの編成会議で是非パッケージにしたいという話が出たみたいで・・・。

影山・高崎:ははははは。

井上:僕はその場にいなかったんですよ。あっ、そう?と思って(笑)。1曲作ろうと思ったけど、シングルだから2曲だよねと言ってるうちに、今回は3曲入りになりました。わりとぬるぬるとした流れですね。

高崎:余裕の流れやろ?

井上:いやいやいや(笑)。

――そのシングル制作の流れで、ツアーもやってしまおうと?

井上:ラウドネスが2日会場を押さえていたので、1日くださいと。

影山:ははははは、それは書きづらいでしょ。

井上:それで大阪の会場も抑えて、じわじわ決まっていきました。

――振り返ると、LAZY30周年のタイミングでは特に活動はありませんでした。この40周年で何かしらのアクションを起こそうと思ったのはなぜでしょう?

影山:10年前はそういう雰囲気がなかったのかなあ。

高崎:今もバリバリやってるけど、忙しかったのかな。

井上:2人(樋口、田中)が亡くなって、わりと直後でしたからね。何か新しいものを作ろう、という気持ちにならなかったのかもしれない。

高崎:40周年やけど、その間の25年ぐらいは活動してなかったからね。『ウルトラマンダイナ』のエンディング曲(「ULTRA HIGH」)で集まってね。

影山:まあ、今回は僕にとってもサプライズというか、もう2人亡くなってしまったので、自然な感じで「じゃあ、LAZYやろうよ!」とはなりにくいから。でも去年LOUDNESS、GRANRODEO、LAZYと3バンドでイベントをやったときにすごく楽しかったんですよ。正直言うと、LAZYは歌がタフだから、大変ではあるんだけど(苦笑)。LAZYをやれたらいいなあ、という気持ちはありました。

高崎:若い頃にLAZYをやって、そのときに作った『宇宙船地球号』が大好きでね。9年前かな、コニファーフォレストでランティス祭りをやったときに、すごく気持ち良くてね。「DREAMER」はLAZYでしかやらない曲だし、またいつかやりたいなと。それをこの40周年というタイミングでやれるのは嬉しいですね。

――『宇宙船地球号』は、今聴いても新鮮な楽曲ばかりです。時代を感じさせない輝きがありますよね。

井上:シンバルがでかいところがあるんだけどね。

高崎:みんなが自分の音、自分の音って感じで。

影山:ほんとそうなんですよ! メンバーみんな卓に張り付いてた(笑)。

井上:樋口さんなんて、自分の叩いているフレーズをわかっているから、シンバルのパートだけボリュームを上げてね。ミックス・ルームのトータルのレベルもでかかったから、スピーカーのヒューズも何度か飛んでました。だから、アシスタントがヒューズを持って待機してましたからね。

高崎:ははははは。あの頃はミックス・ダウンのときも洋楽のハード・ロック・・・例えばジューダス・プリースト、ヴァン・ヘイレンと聴き比べながら、ミックスをやっていたからね。当時にしてはパワフルで音がでかいアルバムやったと思いますね。2曲目の「DREAMY EXPRESS TRIP」なんてジューダス・プリーストっぽかったから、聴き比べてね。で、再結成して作った『宇宙船地球号Ⅱ』も樋口さん、(田中)宏幸もまだ元気やったんで、あれも凄くいい作品やと思う。だけど、リズム隊2人が亡くなったので、あのままの世界観はできないけど、この3人で彼らのロック・スピリットも継承していきたいなと。

――なるほど。

高崎:何か知らないけど、(『宇宙船地球号Ⅱ』で)2曲ぐらい俺が歌ってるよね?

影山:ははははは。再結成したときもライヴでこれも歌いたい!と言ってたもんね。えっ、タッカン(高崎)が歌って、俺がギター弾くの?って。

高崎:それもLAZYだからできることだからね(笑)。カゲはギターもうまいから。アコギなんて、俺の100倍うまいからね。

井上:今回は1曲、タッカンがドラムを叩いてるしね。

高崎:樋口さんのドラムを借りてね。

影山:めっちゃオーラの強いセットでしたよ!

高崎:叩く前にお墓参りに行きましたから。「借りますよ」言うてからね。というか、毎月のように御墓参りには行っているんですけどね。