漫画家・水木しげる氏の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」が、2018年でテレビアニメ化50周年を迎えることを記念し、1985~88年に放送されたアニメ第3期が上下巻のブルーレイボックスで発売される。

幽霊族の少年・鬼太郎と、その仲間たちが悪の妖怪たちと戦う「ゲゲゲの鬼太郎」は、これまで5回にわたるテレビアニメ化のほか、劇場アニメ、実写映画などさまざまなメディアミックスが行われている。なかでも、オリジナルヒロインとして鬼太郎を慕う人間の少女・天童ユメコが登場するほか、オープニング&エンディング主題歌を演歌歌手の吉幾三が担当したことでも話題のテレビアニメ第3期は、シリーズ屈指の人気作として知られる。

ブルーレイボックスは上巻には1~59話、下巻には60~108話と本編終了後に放送された「地獄編」全7話を収録。ともにディスク2枚組で描き下ろし三方背ブックケース仕様となっており、下巻には全巻購入特典の全巻収納ボックス引きかえのシリアルコード、各巻にブックレットが特典として付属する。上巻は18年7月25日、下巻は8月24日に発売予定で、価格は各2万7500円(税抜き)。