Image: (c) Go Nagai-Devilman Crybaby Project, (c) Netflix. All Rights Reserved.

デビルチョップはパンチ力!

1972年からその翌年まで、TVアニメで放送されていた『デビルマン』。原作とは設定がいろいろ変わり、もっと子供に向けたヒーロー的な設定でした。

そしてその主題歌が、有名な『デビルマンの歌』ですよね。

Netflixオリジナル・シリーズで全10話が配信される『DEVILMAN crybaby』では、電気グルーヴが主題歌を歌うことが決まっています。

ですが『デビルマン』といったら『デビルマンの歌』! その印象が強すぎるオッサン世代が、泣いて喜ぶトレイラーが登場しました。

女王蜂のアヴちゃんが歌う『デビルマンのうた』も、また軽妙ですね。彼は『デビルマン』を、「人格形成としてのルーツ・聖典」と位置づけており、本作ではゼノン役で声優もこなしています。

湯浅政明監督が手掛け、現代的な絵柄になっているものの、中身は原作にかなり忠実な作りになっているであろう本作。なので昭和のアニメ版のようなデビルビームも、デビルカッターもないと思われます。

そ・れ・で・も! この歌をこうして『DEVILMAN crybaby』用にアレンジしたことはとても意味があるように思うんですよね。同じく、昭和アニメのエンディング曲『今日も何処かでデビルマン』が劇中歌として流れたら嬉しいなぁと思いつつ……配信を楽しみに待ちましょう。

Netflixアニメ『DEVILMAN crybaby』は、2018年1月5日より、Netflixにて全世界190カ国独占配信!



Image: (c) Go Nagai-Devilman Crybaby Project, (c) Netflix. All Rights Reserved.
Source: YouTube, DEVILMAN crybaby

岡本玄介