女優スカーレット・ヨハンソンが、5月ごろから交際を噂されていた米バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のキャストであるコリン・ジョストと、カップルとしてのオフィシャルデビューを果たした。

【関連】「スカーレット・ヨハンソン」アメリカ自然史博物館のガラに出席したドレス姿<フォト>

 先月、スカーレットの33歳の誕生日にはディナーデートを目撃されていた2人。E!Newsによると、スカーレットとコリンは11月30日(現地時間)に開催されたニューヨークのアメリカ自然史博物館のガラに出席。スカーレットはレッドカーペットでは1人だったが、会場内ではコリンにピタリと寄り添い写真撮影に応じたという。

 これまでも2人が拠点にするニューヨークでデートを重ねていたスカーレットとコリンだが、公のパーティーでプレス用の公式写真にそろって収まるのは初めてだ。E!Newsに掲載された写真の中のスカーレットは、サンローランの赤いサテンのビンテージドレスに身を包み、黒のタキシードで決めたコリンを見つめている。会場には『サタデー・ナイト・ライブ』の他のレギュラーキャストで、映画『ゴーストバスターズ』のケイト・マッキノンやレスリー・ジョーンズもいた。

 コリンとの交際報道があった後、夏には自身の代理人で弁護士のケヴィン・ヨーン氏との手つなぎデートが発覚したスカーレット。男性の好みはうるさいそうだが、現在は他の男性とデートせずにコリンと真剣交際しているという。「彼女にとって男性は性格が第一。コリンは彼女を笑わせます。スカーレットはコリンに夢中のようですよ」と情報筋は語っている。
スカーレット・ヨハンソン&恋人コリン・ジョスト、アメリカ自然史博物館のガラに揃って出席(C)AFLO