米Starbucksは12月4日(現地時間)、中国上海にアジアで初になるハイエンドショップ「Reserve Roastery」(以下、ロースタリー)を6日に開店すると発表した。

【その他の画像】

 上海のロースタリーは、2014年のシアトル一号店に次ぐ2店鋪目。約2800平方メートルの広大なスペースで「世界中から調達した最も個性的なコーヒーの焙煎と抽出を楽しめる」という。

 特徴の1つとして、訪問客がモバイルアプリをインストールしたスマートフォンのカメラで店内を映すと、その場所についての解説がARで表示される。例えば巨大な焙煎キャスクやコーヒーの淹れ方の解説が表示される。

 ロースタリーは2018年中に東京の中目黒にも開店する見込み。1200平方メートルの中目黒店でもARアプリが楽しめるかもしれない。

上海ロースタリーを披露するハワード・シュルツ会長