敏腕ミスリンタート氏は代理人クロートの助言を受けてJ2でプレーする香川を視察

 

 ドルトムントは2010年に欧州ではまだ無名だったはずのMF香川真司をセレッソ大阪から引き抜いた。補強に尽力したスヴェン・ミスリンタート氏はドイツメディアのインタビューで、J2でプレーしていた香川の視察を6度も行っていたと明かしている。

 

 ミスリンタート氏は2007年からドルトムントで働き、スカウト部長として香川を筆頭にガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンやフランス代表FWウスマン・デンベレ(現バルセロナ)といったタレントを獲得してきた。そして、先月プレミアリーグの強豪アーセナルに引き抜かれる形でドルトムントを退団した。

 

 ドイツ誌「キッカー」誌のインタビューに応じたミスリンタート氏は、自身が携わった移籍の中から香川とオーバメヤンに言及している。

 

 それによれば、「トーマス・クロートから助言を受けた」とドイツ人の代理人であるクロート氏の推薦で09年にJ2でプレーしていた香川を視察。そのクオリティーがすぐに目に止まったという。記事によれば、同氏は「日本の2部リーグの選手を獲得しようと監督に薦めた。彼らを説得する必要があった」とコメントしている。さらに、「我々は彼を見るために日本へ6回行った。カガワは35万ユーロ(約4670万円)でやって来た」と頻繁に視察を繰り返していたことも明かした。

 

 

 

極東の地で見つけた原石の発見は印象大

 

 香川は09年に27得点でJ2得点王を獲得してチームはJ1へ昇格。翌2010年のシーズン途中にドイツへ移籍したため、J1でのプレーはおよそ2カ月半だったが、そこでも11試合7得点と大活躍した。ドルトムントでも加入直後にレギュラーに定着し、リーグ連覇に貢献して不動の存在となった。

 

「香川の発見者」とも言われた敏腕ミスリンタート氏。数々の才能を見出してきた男にとっても、極東の地で見つけた原石の発見は特に印象深い出来事の一つとなっているという。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

フットボールゾーンウェブ