クラブW杯に向けて出発する直前の出来事に心を動かされ、浦和MF長澤がSNS更新

 

 UAEで開催されるFIFAクラブワールドカップに出場するJ1浦和レッズは、9日に準々決勝を控えるなか4日に現地へ向けて出発した。離日前に浦和の選手を驚かせる出来事があったようだ。

 

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制した浦和は、レアル・マドリードや本田圭佑が所属するパチューカも参戦するFIFAクラブW杯に準々決勝から出場。アルジャジーラ対オークランドシティの勝者と9日(現地時間20時30分/日本時間10日1時30分)に激突する。

 

 チーム全員で飛行機移動するため成田空港に向かった一行だが、浦和の日本代表MF長澤和輝はある出来事に心を動かされ、自身の公式ツイッターを更新。アップした写真はあるコーヒーチェーン店のカップだった。そこには手書きで「We are Reds!!」の文字が記されていた。浦和のチームカラーにあわせて、あえて赤字という手の込みようだ。

 

 これには長澤も驚きを隠せず、思わず「成田空港のタリーズにも熱いサポーター #weareds #cwc」とコメントを添えている。

 

 本拠地でのACL決勝第2戦では、美しいコレオグラフィーで選手を鼓舞。海外メディアから絶賛されるほどの完成度を誇り、浦和サポーターの忠誠ぶりは世界でも知られている。“赤き魂”を持ったファンに見送られ、選手たちは戦地へと向かっていった。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

【写真】長澤和輝が公式ツイッターに投稿、意外な場所での「We are Reds!!」に驚嘆

 

 

 

フットボールゾーンウェブ