杉本は「欧州に渡る適正時期」、車屋に向いているのは「ブンデスリーガ」

 

 今季のJ1リーグは川崎フロンターレの最終節逆転優勝という劇的な展開によって幕を閉じた。Jリーグに注目が集まるなか、米放送局「FOX スポーツ」アジア版では「次の駅はヨーロッパ? 移籍の可能性がある5人のJリーグスター」として名前を列記。お勧めの移籍先リーグと“◯◯二世”と紹介されている。果たしてその選手たちは――。

 

 1人目として取り上げられているのは、セレッソ大阪の日本代表FW杉本健勇だ。今シーズン22ゴールを挙げて得点ランキング2位と活躍し、「身長は187センチと高いが、決してクラシカルなターゲットマンではない。彼の主な仕事は普遍的なもの、ゴールスコアリングだ」と紹介。今季リーグ戦3位に入り来季AFCチャンピオンズリーグ出場権を得たことに触れつつ、「現年齢が欧州に渡るには適正時期だ」「向いているリーグはオランダ・エールディビジ、大迫勇也に続く存在」としている。

 

 続いては日本代表DF車谷紳太郎(川崎)だ。悲願の初タイトルを手に入れた川崎でリーグ戦全34試合に出場した左サイドバックだが、「長友佑都、内田篤人、酒井宏樹に酒井高徳……日本人サイドバックはヨーロッパで流行している」と狙い目と紹介。「素晴らしい左足を持ち、代表ではE-1選手権で価値を照明するチャンスを得る」、「向いているのはブンデスリーガ、長友佑都に続く存在」と記している。

 

 

「本田に次ぐ存在」と評価を受けたのは…

 

 3人目は、ハリルジャパン不動の存在となりつつある日本代表MF井手口陽介(ガンバ大阪)だ。「彼がまだ21歳であることは驚くべきことだ。フィールド内での冷静さは、より大きなステージになってもインパクトを残すだろう」と、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦でのスーパーミドルなどに言及。「向いているリーグはセリエA、本田圭佑に次ぐ存在」と代表の大黒柱になれると見る一方、「ヨーロッパでの最初の一歩はリーズ(イングランド2部)になるようだ」と移籍候補を挙げた。

 

 4人目はすでにドイツでのプレー経験を持つ日本代表MF長澤和輝(浦和)だ。「ヨーロッパの2年半では、ケルンで24試合に出場した。最初の欧州挑戦はそこまでの成功を収めなかったが、浦和でプレーしている今季は良いシーズンを送っている。ACL決勝では“守備的10番”のような役割を見せてマン・オブ・ザ・マッチとなった」と、ハードワークとともに冷静に技術を生かせるプレースタイルを評価している。「向いているのはリーグアン、長谷部誠に次ぐ存在」と“ポスト長谷部”の一角であると見られているようだ。

 

 

「吉田に次ぐ存在」に海外移籍をお薦め

 

 最後に挙げられたのは日本代表DF昌子源(鹿島アントラーズ)。「18歳にして鹿島でデビューし、7年目を迎えた。昨年J1リーグ優勝を果たし、ベストイレブンにも輝いている。昌子が彼の可能性を広げるなら、大きな一歩を踏み出す時が来ている」と海外移籍を薦める文言を送っている。「向いているのはポルトガル1部リーグ、吉田麻也に続く存在」とも記し、次代のディフェンスリーダーになり得るとした。

 

 Jリーグを代表する選手たち。海外からも注目は浴びるなか、このオフシーズンにどのような選択をするのだろうか。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ