バルセロナ寄りのムンド紙がロナウドの2年連続5度目のバロンドール受賞を“先行発表”!?

 

 欧州年間最優秀選手に贈られる個人タイトルとして有名な「バロンドール」。今季の有力候補として名前が挙がるのはレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が「木曜日にエッフェル塔で受賞する」とフライング発表している。

 

  フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール(FF)」が制定するバロンドールは一時期「FIFAバロンドール」として行われていたが、2年前にFIFAと袂を分かった。そのためバロンドールの表彰を一層華やかなものにするため、仕掛けを作っている。今回はFF誌と同じメディアグループの「レキップTV」で現地時間7日にバロンドール受賞者決定の瞬間を配信する予定となっているが、ムンド紙はパリの象徴である「エッフェル塔を舞台に受賞することになる」と発表してしまった。

 

 12月上旬の発表となったのは、レアルの過密日程が大きな要因のようだ。本来FF誌はクリスマス前の時期に大々的に発表したいと思っていたものの、レアルが欧州王者としてFIFAクラブワールドカップに臨み、なおかつ23日には宿敵バルセロナとのエル・クラシコが控えるために実現とならなかった模様だ。

 

 そのため、すでに決勝トーナメント進出を決めているUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、6日のドルトムント戦翌日に表彰式を行なう弾丸日程になったのだという。

 

 この報道が事実なら、ロナウドは通算5度目、そして2年連続のバロンドール受賞が確定したことになる。ただバルセロナ寄りの同紙が発表前に伝えてしまったことで、少々興ざめとなってしまうのは否めない。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ