JR東日本グループは5日、今シーズンの『JR SKISKI』キャンペーンについて、“JR東日本発足30周年”と映画『私をスキーに連れてって』(1987)公開30周年の特別企画として実施することを発表。テレビCMやWEBプロモーションなどは、同映画に出演した女優・原田知世(50)と俳優の三上博史(55)を起用し展開していく。

【画像】ポスターに登場する原田知世&三上博史

 スノーレジャーブーム再燃を目指し、毎年この時期に、若年層をターゲットにしたキャンペーンをスタートさせる同社。過去のCMシリーズでは、本田翼(25)、川口春奈(22)、広瀬すず(19)など人気の若手女優らを抜てきし、ゲレンデを舞台に甘酸っぱい青春ストーリーが恒例となっていたが、今年は“30周年”の特別企画として実施する。

 キャッチコピーは「私を新幹線でスキーに連れてって」。広告展開するポスターなどは、映画に出演した当時の原田と三上が描かれたイラストを使用し、CM映像も、映画のシーンを活用しながら、松任谷由実が歌う「BLIZZARD」が本編を盛り上げる。

 同社は「YouTubeなどのWEB プロモーションを充実させ『私をスキーに連れてって』を知っている世代にも、知らない世代にも、スノーレジャーの楽しさを感じられる情報を効果的に発信します」としている。
『JR SKISKI』のキャンペーンポスター、今年は原田知世