米パラマウント・ピクチャーズが、VRアプリ「Bigscreen」を使った世界初のVR映画館を立ち上げることが米Deadlineによってわかった。

PC画面に表示されるはずの映像を、VR(仮想現実)空間にそのまま持ち込むことができるこの革新的アプリを活用したVR映画館は、ヘッドセットを装着するだけで、あたかも本当に映画館で鑑賞しているかのような臨場感が味わえるというもの。劇場で映画を見る時と同様に、好きな座席を選べるだけでなく、シアター内には観客のアバターも居るので、映画が始まるまでの時間、周りの"観客"たちとおしゃべりを楽しむことも可能。おまけに映画館ならではのお楽しみの1つである本編前の予告編までついているというから驚きだ。

パラマウントはVR映画館のローンチとして、12月3日から「トップガン 3D」を無料配信すると発表。VRヘッドセット(メーカー不問)を所有している人なら誰でも、bigscreenvr.comにアカウント登録・ログインすることで、「トップガン 3D」を24時間無料で鑑賞できる。

同スタジオのニューメディア部門バイスプレジデントを務めるトム・ヘイズ氏は、「フィルムメーカーとのQ&Aやゲーム、トリビアクイズといった鑑賞後のボーナスコンテンツをはじめ、VR映画館の可能性は無限大。映画産業に革命をもたらす新たなプラットフォームを提案することで、次世代の映画体験を牽引していきたい」と意気込みを語った。

また同スタジオは、「トップガン 3D」を皮切りに来年以降、多彩なラインアップをVR映画館用に提供していくという。ストリーミング配信サービスの台頭などで、従来の劇場興行がもはや時代遅れのものとなりつつあるハリウッドに新たな希望をもたらすことになるのか。VR映画館の今後が注目される。

VRヘッドセットがあれば自宅が映画館に