「IoT(Internet of Things)を使い、アスリートの“戦い方改革”を進めていく」――シスコシステムズの鈴木みゆき社長は12月5日、アスリート向けにビデオ会議やデータ分析などの技術を提供し、スポーツ分野の支援に注力していくと発表した。卓球の石川佳純選手、張本智和選手とアンバサダー契約を結び、まずは卓球界でのサポートを進める。

【その他の画像】

 「テクノロジーを活用して新たなトレーニング方法や戦い方を築いていきたい」(鈴木社長)として紹介したのは、遠隔でビデオ会議ができるクラウドサービス「Cisco Spark」。海外遠征の多いアスリートでも、リアルタイムで試合の動画や情報を離れた場所にいるコーチや家族と共有できる。

 同日開催された発表会では、石川選手とコーチでもあるお母さんがCisco Sparkを体験。専用ディスプレイはタッチパネル対応で、お母さんが「コース取りが甘い、もっと厳しく」などと画面に線を描いて指導する姿が見られた。石川選手は「離れた場所にいてもこうやって指導してもらえるのはありがたい」と話す。

 Cisco Sparkと、スポーツのデータ解析などを手掛けるデータスタジアムが開発するトラッキングシステムを連携させるデモも実施。ラリーの打球速度や球の回転、コース取りなどを2台のカメラで捉え、収集したデータをリアルタイムでディスプレイに表示する。「これまでも試合の動画を見返すことはあった」と話す石川選手だが、「なんとなく思っていたことが、データとしてはっきり数値化されるのは驚く」と感想を述べた。

 鈴木社長は「今後もトレーニング、審判、選手の健康管理など、スポーツ分野でテクノロジーを活用する場面はさらに増えていく。選手たちが一層レベルの高い試合をし、素晴らしい実績をあげられるよう貢献していきたい」と意気込みを語った。

 シスコシステムズは、これまでに35カ国以上、350を超えるスタジアムやアリーナなどで、Wi-Fiやサイネージ広告などの技術を提供するなど、観客や視聴者などスポーツファン向けのインフラ支援も多かった。一方で、米国ではアメリカンフットボール、野球、バスケットボールなどの競技において、試合分析や選手の健康管理を行う技術の支援もしてきたという。今後は日本でも同社が培ってきた技術をトップアスリート支援につなげる考えだ。

 「アスリートの戦い方支援に関する1つのショーケース。ITのリーディングカンパニーとして、日本のデジタル変革に貢献したい」(鈴木社長)

(村上万純)

シスコシステムズの鈴木みゆき社長