AC長野パルセイロは5日、東京ヴェルディから期限付き移籍で加入しているDF大木暁との移籍期間満了を発表した。東京Vも同日、契約満了による退団を発表している。

 大木は1992年生まれの24歳。東京Vユースから駒澤大学へ進学し、2015年に同クラブのトップチーム加入を果たした。今季は長野へ期限付き移籍で加入したものの、明治安田生命J3リーグで1試合、天皇杯で4試合の出場にとどまっていた。

 期限付き移籍期間満了にあたり、大木は長野に対して以下のようにコメントしている。

「一年間ご声援ありがとうございました。サポーターの方々にはとても温かく迎えいれてもらい、とても嬉しかったです。なかなか試合に出られずチームに貢献できませんでしたが、自分にとって初めての移籍がAC長野パルセイロでよかったです。短い間でしたが、本当にありがとうございました」

今季は期限付き移籍先の長野でプレーした大木暁(中央) [写真]=J.LEAGUE PHOTOS