静岡県のスーパー「遠鉄ストア」が2017年も、地元の名産品を使ったオリジナルクリスマスケーキ「プレミアム紅ほっぺ」を発売する。

「プレミアム」を冠するに値するような、クリスマスの目玉となるケーキを目指して作った品で、地元静岡産のイチゴ「紅ほっぺ」をふんだんに使っているという。

地元の名産品を使った、目玉となるケーキを

「プレミアム紅ほっぺ」は、30個もの「紅ほっぺ」と、北海道産の生クリームの「白」の対比が目にも楽しいケーキだ。トッピングはもちろん、スポンジの間にも「紅ほっぺ」が挟まれている「プレミアム」な仕上がりになっている。


2010年に発売した、このケーキ。遠鉄ストアバイヤーの鴨藤さんは、

「(2010年の)発売前も『プレミアム』とついたオリジナルケーキはあったが、何がプレミアムなのかが分かりづらく、販売数もあまり伸びていなかった」

と説明し、それを変えるために新たな目玉となるケーキの開発を目指したと語った。

「地元スーパーとして地元の名産品を使った、目玉となるプレミアムケーキを作りたい、 そして作るなら徹底的にこだわった商品を作ろう!」

そうして誕生した「プレミアム紅ほっぺ」は、毎年売り上げトップ5に入るなど、発売開始から安定して高い人気を保っており、16年には前年比で110%の注文があったという。

「プレミアム紅ほっぺ」は2017年12月17日まで、遠鉄ストア各店(ウェル鴨江店を除く)のサービスカウンターで予約可能。価格は6号(直径約18cm)が5184円(以下、税込)、5号(直径約15cm)が4536円。また遠鉄ストアでは、オリジナル12アイテムを含む、全57のクリスマスケーキを販売している。

プレミアム紅ほっぺ