(©ニュースサイトしらべぇ)

ユーキャンが発表した『新語・流行語大賞』にて年間大賞を受賞した「インスタ映え」。

日本でも爆発的なブームとなっているSNS・インスタグラムについて、5日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で議論が繰り広げられ、マツコ・デラックスが吐露した疑問に、共感の声が広がっている。

■マツコ「何が楽しいのか教えて」

同番組が「インスタグラムをやっているかどうか」調査した結果、半数以上の人が「インスタグラムをやっている」と回答。

この結果を踏まえ、マツコは「インスタグラムは何が楽しいの? 本当に分からない…何が『いいね!』なの? 誰か教えて」とインスタグラムの楽しみ方について疑問を投げかけた。

すると、観覧者の中から「いいねがもらえる」との返答が。すると関ジャニ∞の村上信五は「でも、いいねは現金にも何にも替えられへんのやろ?」と一刀両断。マツコは「本当にいいねと思ってるかどうかもわからない」と指摘。

同番組による街頭インタビューにて、インスタグラムをやっていないという人たちからは「載せるネタがない」「自分に自信がないからできない」「(インスタグラムは)自慢するためのものだと思う」といった意見があげられていた。

■『いいね!』は何に共感しているの?

観覧者の男性が最近のインスタグラムの投稿について聞かれ、「箱根旅行へ行った時の景色の写真や集合写真を載せた」と述べると

「それの何が『いいね!』なの? 何に共感するの? 箱根に共感するの? 自分が行ったなら分かるけど他人が箱根へ行って写真撮って何が『いいね!』なの? もうわかんないの本当に。そんなに『いいね!』がある? 日常に」

と不満を吐露。さらに「私なんて(自宅では)ほぼ全裸だから写せないんだけど」とコメントすると、村上は「それだったら乳首とか、局部のアップとか」とツッコミが。

これにはマツコも「それは『いいね!』でしょうよ」と笑いを誘った。

■ツイッターで共感者が続出

マツコの発言に対し、ツイッターでは共感者が続出している。

インスタグラムにアカウントを持っているという人からも、マツコからの「何が楽しいの?」との問に「考えさせられた」と言った声も。

■SNSのキラキラ演出、6割が「分からない」

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,342名を対象に「SNSでキラキラ演出をしている女性」について調査を行った結果「気持ちがわからない」と回答した人は全体の6割にのぼった。

キラキラ女子SNS性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

マツコと同じように疑問を抱いている人は決して少なくないよう。

「いいね!」をもらうことで様々な欲求が満たされる…よくよく考えてみれば、不思議なツールだ。

・合わせて読みたい→「インスタ映え」「忖度」 流行語大賞に「ちーがーうーだーろー!」のツッコミ

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

マツコ、インスタグラムの意義を問う 「『いいね!』って何?」に共感の声