ジャストシステムは12月5日、日本語入力システム「ATOK」について、今後はパッケージ版を廃止し、月額サービス「ATOK Passport」(税別286円〜)に統一すると発表した。

【その他の画像】

 「ATOK Passport」は、最新のATOKをWindows/Mac/Androidデバイス10台まで利用できるサービス。どのデバイスでも共通の入力環境を利用できる。

 価格は「ベーシック」が286円(税別、以下同)、「ATOKクラウド文章校正サービス」「広辞苑 第七版」などが追加で利用できる「プレミアム」が476円。

 パッケージ版を廃止し、月額版に統一する理由について同社は「強化した変換エンジンや新機能、サービスをタイムラグなく提供した方がATOK本来の利便性を発揮でき、ユーザーメリットも高いと考えた」としている。

 Windows向けATOKの最新版「ATOK for Windows (Tech Ver.31)」を来年2月1日に発売。人工知能(AI)を活用して入力ミスを自動修復する「ATOKディープコレクト」機能や、入力ミスや癖を視覚的に確認できる「ATOKマンスリーレポート」などを新たに搭載した。

ATOK Passport公式サイトより