インターネットテレビ局「AbemaTV」の大みそか特番『朝青龍を押し出したら1000万円』(後8:00~1月1日 深0:30)で7年ぶりに“土俵”に復活する大相撲の元横綱・朝青龍(37)が、「年末の大みそかなので、面白く、おかしく、楽しく、みなさんに喜んでいただける番組になるように力を出したい」とコメントを寄せた。

【写真】亀田興毅のいとこ・京之介

 同番組は、大相撲の第68代横綱として活躍し、歴代4位の25回の優勝を誇る朝青龍が、賞金1000万円をかけて「張り手なし」「変化なし」、「押し出し」のみを勝ちとする番組オリジナルルールで対戦相手と土俵上で勝負を繰り広げる。両者ともまわしを着用し、どちらかが土俵の外に足を含む体の一部分が接触した時点で勝負が決まる。

 朝青龍は「すごく楽しみにしています。私も稽古をして、四股を踏んで、足のバランス、体のバランスを考えて筋トレをしないといけないなと思っています」と復帰へ意気込み。「若者に負けたら恥ずかしいですよね」と元横綱としてのプライドものぞかせている。

 現在、番組では朝青龍の対戦相手を募集中。専用メールアドレス【asashoryu1000man@abema.tv】に名前、年齢、住所、職業、身長、体重・アピールポイント、勝負に挑みたい理由を明記し、写真を添付して応募。対戦相手は最大5名を予定している。
7年ぶり“土俵”復帰へ意気込みを語った朝青龍 (C)ORICON NewS inc.