(FotoMaximum/iStock/Thinkstock)

警視庁渋谷署が、俳優の浅野忠信(44)が所属する芸能事務所「アノレ」の社長である父親(68)を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕していたことがわかった。

■「自らの意思で使った」

報道によれば、11月30日午前2時ごろ、渋谷区の路上で警察官が容疑者を職務質問した際、覚醒剤の吸引に使うとみられるガラスのパイプを所持していたため任意の尿検査を行ったところ、覚醒剤の陽性反応が出たという。

11月30日までの2週間の間に覚醒剤を使用したとみられており、警察の調べに対し「自らの意思で使ったことに間違いありません」と容疑を認めているとのこと。

■「父親・社長」の品格を問う声

報道を受け、ネット上では容疑者に対する批判が相次いだ。「息子に迷惑をかけるな」「親が罪を犯してどうする」など、父親としての品格を問う意見が数多くみられた。

さらに、加瀬亮(43)や新井浩文(38)など第一線で活躍する俳優たちが所属する事務所ということもあり、「これからだいじょうぶなの?」「活動を自粛したりしないよね」と今後の活動への不安の声もあがっている。

■主演ドラマの今後の心配も

また、浅野が主役で出演中のドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)ということもあり、今後の放送を心配する声もあがっている。報道によれば、9話は予定通り7日に放送されるとのことだが、やはりファンとしては気が気じゃないようだ。

本人だけの問題ならまだしも、浅野の父親であり、事務所の社長という責任ある立場でありながら罪を犯してしまったことは度し難いといえる。きちんと罪を償い、反省してほしいものだ。

・合わせて読みたい→被害者・真剣佑がクズすぎた『刑事ゆがみ』子供に優しい弓神に涙する人続出

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

浅野忠信の父親が覚醒剤使用容疑で逮捕 「子供に迷惑をかけるな」と批判が相次ぐ