井口新監督も激励「1人1人明確な目標を持ってほしい」

 ロッテの新入団選手発表が5日、東京・西新宿のロッテ本社で行われた。

 ドラフト1位の安田尚憲内野手(履正社)、同2位の藤岡裕大内野手(トヨタ自動車)、3位の山本大貴投手(三菱自動車岡崎)、4位の菅野剛士外野手(日立製作所)、5位の渡辺啓太投手(NTT東日本)、6位の永野将司投手(Honda)、育成ドラフト1位の和田康士朗外野手(BC富山)、同2位の森遼大朗投手(都城商)の8選手が出席。重光昭夫オーナー代行も久しぶりに姿を現した。

 入団会見前、新入団選手と昼食をともにした井口新監督は「1人1人明確な目標を持ってほしいと伝えた」と、改めてチーム方針を話して激励。重光オーナー代行は「焦らずじっくり取り組んでほしい。(来季は)是非優勝と言いたいところだが、目先にこだわらず、2年後、3年後に優勝できるチームを監督にお願いした」と話した。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

ロッテの新入団選手発表に臨んだ井口監督と新人選手たち【写真:細野能功】