人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原作とするアニメ映画「劇場版総集編 刀剣乱舞-花丸- ~幕間回想録~」が、ぴあ映画生活が行った調査で初日満足度ランキングNo.1を獲得しました。

一夜限りの城下公演!舞台「刀剣乱舞」外伝の舞台写真が公開、キャストコメントも到着

ぴあ映画生活が行った調査は2017年12月1日、2日に公開された作品を対象とした出口調査によるもので、観客からは「ストーリーは真剣な部分と笑いがあって、テレビアニメの総集編ではあるけれど、それとは違うおもしろさがある」(30歳)、「仲間が増えていく感じがよかった。大きな画面で観ると、感動もより大きかった」(21歳)「ゲームよりもキャラクターの深い一面が観られた」(21歳)などと、TVアニメシリーズを踏襲しつつも、一味違った作品に仕上げられている点を高く評価する声が寄せられています。

興行成績は全国21館での公開で土日2日間で2万1000人を動員、興収3000万円をあげて動員ランキングでも初登場7位を記録。初登場作品としては、同週公開の「鋼の錬金術師」(全国342館)、「探偵はBARにいる3」(全国334館)に次ぐ成績となっています。

©2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会