漫才頂上決戦『M-1グランプリ 2017』(テレビ朝日系)で、13代目王者に輝いたお笑いコンビ・とろサーモンに、ネット上でも祝福の声が多数寄せられている。そんななか、感慨深い声をあげているのが、『あらびき団』(TBS系)の視聴者だ。

『あらびき団』は、“あら削りな一芸を持ったパフォーマーを紹介する番組”として、MCを東野幸治(ライト東野)と藤井隆(レフト藤井)が務め、2007年10月~2011年9月の4年間放送された人気番組。昨年末、5年ぶりに『あらびき団オールナイト祭!復活スペシャル第1弾』として復活し、今年夏にも『あらびき団夏祭り2017復活スペシャル第2弾』が放送。この年末には12月29日23時50分~『朝まであらびき団スペシャル あら-1グランプリ2017』の放送が決まっている。

同番組はブレイク芸人を数多く輩出していることで知られ、これまでにも、はるな愛や椿鬼奴のほか、「R-1ぐらんぷり」優勝のハリウッドザコシショウ、じゅんいちダビッドソン、「キングオブコント2012」覇者・バイきんぐ、「キングオブコント2014」覇者・シソンヌ、どぶろっく、厚切りジェイソン、横澤夏子などを発掘。とろサーモンとの関係も深く、同番組公式Twitterは

“とろサーモンさん、M-1優勝!
あらびき団地出身からまた優勝者がでました!
スタッフ一同、非常に喜んでおります!おめでとうございます!!!”

と祝福。ほかにもTwitter上には、

“あのとろサーモンがM1王者か。
感慨深い。
ホントにホントに私は嬉しい”
“とろサーモン良かったね!あらびきでのマイクパフォーマンスが好きだ!”
“とろサーモン村田の、あらびき団の、芸人にナレーションするやつがメチャメチャ好きやったけど覚えてる人いるのかな。。。”
“10年以上前からあらびき団で見てて、ホントに好きでね。
久保田の風俗呼び込みのネタとか村田のドス低い声のナレーションとかね。”
“とろサーモンと言えば、あらびき団のナレを村田がやっていたことが懐かしい。
スタッフの無情な「飽きた」という露骨過ぎる意見で村田は外され、オーディションの結果、久保田がたまに登板することになったけど、これが思いっきり地下臭漂うピンサロネタで、
このコンビは死んだと思った。”

など、感慨深いという声が続出。

なお東野は、

“あらびき団地出身のとろサーモンM-1優勝おめでとう!
年末のあらー1グランプリはそう簡単ではありませんよ。今日だけは優勝の美酒を味わってください。”(原文ママ)

とツイート。「あら-1グランプリ」初代王者は村上ショージの娘・バターぬりえ。2代目王者はハリウッドザコシショウ。昨年はブルゾンちえみを“見逃した”と反省しきり(?)の同番組だが、今回、3代目王者に輝くのは誰なのか。とろサーモンの動向にも注目が集まる。

(花賀 太)

■関連リンク
とろサーモン プロフィール|吉本興業株式会社
https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=170
あらびき団【公式アカウント】 (@namaiki_arabiki) | Twitter
https://twitter.com/namaiki_arabiki
朝まであらびき団スペシャル あら-1グランプリ2017|TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/arabikidan/

出演当日、“今日はM-1。家に帰り寝て夢を見て起きて夢掴むのか。”とツイートした久保田のTwitterには祝福が殺到している ※吉本興業サイトより この画像はサイトのスクリーンショットです