このほど発売されたAppleのiPhone Xは、顔認証システム「Face ID」を搭載していることで話題となった。前もって顔を登録しておけば、ロック画面を見つめるだけで解錠できるというものだ。

顔認証システム以外では指紋認証が一般的だが、米国の研究者が現在開発しているのは「汗」による認証だ。汗に含まれる成分で個人を識別できるのだという。

・アミノ酸のパターンを分析

ニューヨーク州立大学オルバニー校のJan Halamek助教授がこのほど、汗を用いた生体認証についての論文を専門誌「ChemPhysChem」に発表した。

それによると、汗に含まれるアミノ酸のパターンを個人識別情報として活用する。その情報を端末に登録することで、スマートフォンやスマートウォッチといった端末の解錠ができるという仕組みだ。

・汗測定しプロフィール作成

ただ、汗の情報登録は指紋登録よりやや複雑だ。というのも、汗に含まれる“情報内容”が時間帯による変化するため、異なる時間帯に何回か汗を測定してプロフィールを作成する必要がある。

使い始められるようになるまでが煩雑だが、それでも盗まれるリスクの高いパスコードや指紋に比べると、セキュリティ性は高いとのこと。

研究チームは今後、エンジニアと協力してこの技術を端末に埋め込み、実際にうまく作動するかを確認することにしている。

University at Albany

指紋、顔認証の次は…汗! 米大学が新しい生体認証を研究中