JALは12月5日より、バーチャルアシスタント「マカナちゃん」の機能を強化した第3弾を展開。画像認識技術を活用したおすすめスポットの提案とともに、既存のSNSログインによる性格分析サービスをより深めた内容に変更する。

「マカナちゃん」は日本アイ・ビー・エムの協力により、チャット形式の自然な対話でハワイの現地情報やおすすめスポットを回答するサービスで、JALは同社のホームページ上で2016年12月に開始した。当初は赤ちゃん連れでハワイ旅行を予定している人に対象を限定していたが、2017年7月からはトリップアドバイザーとの連携を開始し、ハワイ島の様々な施設情報を最新の口コミや画像付きで提示している。また、利用者のSNSでの投稿内容をもとに性格分析を行い、個人の性格に合った携行品を推奨するなど、快適な旅行を支援する情報提供も行っている。

ひとつ目の機能強化では、利用者が自身で撮影した写真や、見たい景色、食べたいものなどの画像をチャット画面上で「マカナちゃん」に送信することで、画像の分析結果とそれに応じたハワイのおすすめスポットの情報を受け取ることができるようになる。例えば、ゴルフ風景の写真を送信した場合、「ゴルフを見つけたよ! そんなあなたにオススメなのはココ!」と、ハワイにあるゴルフ場の情報が表示される。

これは、これまで使用していたIBM Watsonの会話(Conversation)機能、性格分析(Personality Insight)機能に加え、画像認識(Visual Recognition)機能を新たに活用した取り組みとなる。Watsonが画像内に含まれている情報や特徴を抽出し、それに応じたおすすめスポットを世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」内の施設から探し出し、利用者に提示する。対象エリアもハワイ島(コナなど)に加えオアフ島(ホノルルなど)にまで拡大し、より幅広いおすすめ情報を提供する。

もうひとつの機能強化は、2017年7月より提供を開始している性格分析サービスの機能強化。SNSログインすることにより、投稿内容をもとに利用者を9タイプに分類する同サービスは、当初、結果のみを表示するサービスとして展開していたが、今回の仕様変更で診断結果の詳細を確認できるようになった。

「マカナちゃん」の月間利用者数はサービス開始時と比較し、11月末時点で約2.5倍に拡大しており、満足度は80%を超えているという。JALは今後も、日常生活から旅行の予約、空港や現地での過ごし方、帰路から再び日常生活に戻るまでの全てのフェーズを支援できるよう、「マカナちゃん」のサービス向上を続けていくとしている。

画像提供:マイナビニュース