元ソフトボール左腕と入籍、来年4月に第1子が誕生予定

 MAX154キロ右腕、ロッテのドラフト6位・永野将司投手(Honda)が5日、東京・西新宿のロッテ本社で新妻とともに入団発表に臨んだ。背番号は「62」。

 ドラフト終了後の11月19日に、中学、高校とソフトボール部でサウスポー投手だった紗央理夫人と入籍。来年4月には第1子が誕生する予定で、一家の大黒柱にかかる責任は重い。

 プロでの目標を聞かれた永野は「160キロを目指し、流れを変えるピッチングをしたい」と抱負を語り、背番号と同じ、シーズン「62試合」登板と頼もしい数字を掲げた。

 今季のロッテは絶対的守護神が不在。課題に変化球の精度にあげ、「チェンジアップを軸に、今まで投げていなかった縦の変化球を習得したい」と意欲満々だった。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

ロッテ新入団選手発表に夫妻で参加した永野将司と紗央理夫人【写真:細野能功】