5日、日本のTwitter社が、2017年に国内のTwitter「もっとも使われたハッシュタグ」ランキングを発表。テレビの分野では、11月に放送されたインターネット番組「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」で使用されたハッシュタグ「#ホンネテレビ」が1位に輝いた。

 11月2日~5日に放送された同番組では、元SMAPのメンバーで現在はオートレーサーとして活躍している森且行の出演なども話題に。放送局のAbemaTVによると、生放送期間、番組関連キーワードはTwitter国内トレンドに98個入ったとされている。この勢いにおいて、テレビの分野で勝利したものはなかったよう。

 さらにテレビ部門の次点に輝いた番組が、くしくも昨年終了した番組「SMAP×SMAP」(ハッシュタグ「#スマスマ」)となっていることからも、元SMAPメンバーの動向はかなり注目度が高かった1年であることがうかがえる。

 そのほかテレビ部門の3位・4位には「僕たちがやりました」(#僕たちがやりました、#僕やり)、5位には大河ドラマ「おんな城主 直虎」(#おんな城主直虎)がランクインしている。

日本のTwitter社による国内のツイートでもっとも多く使われた役者のハッシュタグとアカウント及びテレビ番組関連のハッシュタグ - 画像はスクリーンショット

 なお全部門を総合した国内のTwitter「もっとも使われたハッシュタグ」ランキングでは、1位に「#モンスト」(ゲーム「モンスターストライク」)、2位に「#乃木坂46」、3位・4位に「#fgo」「#fatego」(ゲーム「Fate/Grand Order」)、5位に「#ドラゴンボール」がランクインしている。(編集部・井本早紀)

今年各所から注目を浴びていた3人(草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾) - 画像は11月撮影