俳優の小栗旬と山田孝之が12月5日、富士通のスマートフォン「arrows」の都内で行われた新CM発表に出席した。

【フォトギャラリー】小栗旬と山田孝之、その他の写真はこちら

CMは、2人が刑事としてバディを組む「割れない刑事(デカ)」シリーズの第1弾で、あす12月6日からオンエア。犯人を追跡中に山田がスマホを落として画面が割れてしまい、小栗が「おまえ、アローズじゃねーの?」とツッコんで新スマホの画面強度を伝える内容だ。

2人はこれまで映画「クローズ」シリーズ、「信長協奏曲」などで共演。プライベートでも1カ月に1度は会っているほどのじっ懇の仲。小栗は「山田くんがいろいろとアドリブを出してきて、楽しいなと思いながら現場にいた。やっぱり、この人面白いと思った」とうれしそうに話した。

さらに、「CMで一緒に仕事をするのは初めてだったので、2人でやれて感慨深い」と満足げ。対する山田も、「旬くんと出会って18年、初めて仕事をしてからも14年。こんなに長く一緒に仕事をするとは思っていなかった。呼吸はバッチリです」と応じた。

この日も、山田が手渡された新スマホをいきなり落とし、拾い上げた後で「でも、大丈夫」と2人で声をそろえ商品をPRする予定だった。だが、小栗が段取りを忘れていたようで、「ごめん。やる予定だったんだよね。忘れていた」と平謝りし、山田を苦笑させた。

他にもWEB用の「読めない刑事」編などが披露され、小栗は気を取り直し「せっかくこういう形で一緒にできたのだから、犯人を捕まえられない日々が送れればいい。続けられるように応援して」とシリーズの長期化を期待。山田も、「とりあえず4本撮ったので、これからを楽しみにしていてください」と明かし、自信のほどをうかがわせていた。

小栗旬と山田孝之